バフェットを目指せ!ニートの長期株式投資

バフェットを目指せ!ニートの長期株式投資

ニートがバフェットを目指す!長期投資のススメ

ウォーレンバフェット

少子高齢化、GDPの低下、年金の減額、消費増税、給与上昇を伴わない物価の上昇・・・

 

現在、日本という国は重い病のような状態にあります。
重い病とはどういうものか。

 

それは、景気が良くなる見通しのない中で、給与は増えないのに税金ばかりが増え、より景気が冷え込むという悪循環の中にいるということです。

 

この悪循環は日本人に過度な不安を与え、心を卑屈にしてしまいました。

 

  • 【会社】
  • 先行きが不安だから、多少会社の業績が良くなったところで、給与に還元せず、現金としてため込み、万が一に備えよう。

     

  • 【個人】
  • 派遣、非正規雇用のような不安定な職種のため、結婚する余裕も、まして子供を作る余裕もない。
    余剰資金があるなら、万が一に備え、貯金しよう。

ホント卑屈です。重い病です。
バブルで豪遊するお金があった時代からは考えられない状況です。

 

なんとかして、こういった状況を打破することはできないのでしょうか?

 

 

長期株式投資は健全な資産運用

実はあります。意外と簡単なことなのです。

 

あなたが大事に抱えているその資産の一部を株式に換えるのです。

 

「そんな大博打、できるわけないじゃん。コツコツ貯金するのが一番リスクが少なくて健全だよ」

 

おっと、そんな風に考えますか。まぁ、確かに貯金が減らないという意味で、リスクが少ないことは認めましょう。
しかし、本当にリスクが少なくて安全ですか?

 

以下のことが起きた場合、対応できますか?
@インフレが加速し、物価が倍になる(例えばコンビニの弁当が軒並み1000円になる)
A預金の金利がマイナスになる(お金を預けてあげているのに、お金を取られる)

 

@は極端な例ですが、気付いたらそうなっているかもしれません。
国も2%の物価上昇を目指しているわけですから、それが着実に進行すると、30年後くらいにはもしかするとそうなっているかも?
@のことが起きたとしても、給料も倍になってくれていたら、まぁなんとかなるでしょう。
しかしそんなことはほぼないことは、あなたもわかっているのではないですか?

 

何かと理由をつけて、会社は給料を据え置きにするはずです。

 

となると、やはり自分の身は自分で守らなければ!!

 

物価が倍になったのであれば、自分の資産(預金)を倍以上にするのです

 

 

また、Aのリスクは現実味を帯びてきています。
日銀のマイナス金利政策が始まりましたので、その影響が我々個人にもふりかかる可能性があるのです。
せっかく稼いだお金が、日々減っていくなんて耐えられますか?

 

上記
@インフレが加速し、物価が倍になる
A預金の金利がマイナスになる
のリスクに備えるためには、資産の運用を考えなくてはならないのです!

 

周りの人はほとんどやってないし・・
投資なんてギャンブルはちょっと・・

 

そういった誤った考えをいつまで続けるのですか?

 

ただ、投資なら何でもいいというわけではありません。
リスクが少なく、リターンが大きくなくてはいけません。

 

そこで、筆者は長期株式投資を勧めます。
さぁ、投資の世界に飛び出しましょう。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング