株式投資の資金はいくら準備するべき?

株式投資の資金はいくら準備するべき?

株式投資の資金はいくら準備するべき?

お金の悩み
株式投資を始める上でどのくらいの資金を最初準備するべきなのかというのは、気になるところですよね。
積立ての投資信託とかでしたら一万円や千円とかからでも始められます。

 

しかし私は自分で銘柄を選び長期投資をするという前提のもと、今回の記事を書かせていただきます。
(関連記事:投資信託をやるべきではない7つの理由)

 

自分で銘柄を選択する場合には2種類のコストしか発生しないのに、投資信託といった投資は不必要なコストがかかってしまいますので複利効果が弱まり、投資パフォーマンスが落ちてしまいますからね。
(関連記事:長期投資で発生するコスト)

 

 

 

さて、個別銘柄に投資をするのにどのくらいの資金を最初に準備すればいいかというのは人によって意見がまちまちだと思いますが、一人の一般投資家の意見を記述していきます(^○^)

 

 

Sponsored Link

 

 

最低でも100万円は株式投資開始資金として準備したい

結論を先に述べると、最低でも100万円は必要だと思っております。
勘違いして頂きたくないのですが100万円必要といっても、いきなり100万円分の株を購入するというわけではありません。

 

株を本格的に始めるに当たり株の購入に使用してもいい余裕資産(準備資金)を100万円用意しておきたいということです。どういう違いがあるのか、もう少し詳しく説明していきます。

 

 

株の最低取得金額は数十万円程度

株には、購入する為の最低取得金額というものがあります。
株は大体100株単位で売っており、大体1株1,000円程度となっているので、最低取得金額は数十万円になるのです。

 

1,000円程度と申しましたが、最低購入金額は本当に会社によって千差万別です。安い株ですと、メガネスーパーなんかが有名です。
私が購入した時は1株60円で、最低購入株数は100株でした。つまり最低購入金額は6,000円です。
(関連記事:メガネスーパーは最強株主優待株!?)

 

※追記(2017/11/18)
2017年11月1日メガネスーパーはビジョナリーホールディングスの完全子会社となりました。

 

 

一方高い株ですと、ユニクロで有名なファーストリテイリングなんかは、2017/02/1現在で1株35,000円を超えている為、最低350万円用意しないと購入できません。
日本の株はほとんど100株単位で購入できますが、そこに決まりはないので、1,000株が最低購入株数である会社も存在します

 

化学メーカーとして有名な旭化成なんかは最低購入株数が1,000株ですね。

 

 

 

 

このように、株によって最低取得金額というものは本当にまちまちになるのですが、10〜30万円台が最低取得金額という株は結構多いです。

 

あまりにも高くなりすぎると株の流動性(頻繁な売買)が落ちてしまいますし、個人投資家が購入しづらくなります。
企業としてはたくさんの個人投資家に株を持ってもらうと認知度も高まりますし、買収リスクも下がり、発言権が強い人もいなくなるので、個人投資家にある程度株を持ってもらいたいんですよね。

 

その為、株価が上昇するとある程度のところで株式分割を行い、やはり10〜30万円台くらいになるように調整します。
ということで体感としては1/2〜1/3はその程度の金額が最低購入金額になっています。

 

 

 

 

「最低購入金額が10〜30万円ならその金額だけ持っていればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。
1社の株しか持たないというのは長期投資においてリスクが管理できておりません。

 

 

長期株式投資において、せめて3社程度の株を所持したい

長期株式投資では、1社のみの株を持つということは推奨されません。
その1社がもし倒産した場合、投資していた金額が全てなくなってしまいます。そこまで集中して投資をすると、とてもリスクが高くなってしまうのです。

 

 

もしも、2社に投資していれば、1社が仮に倒産したとしても、もう1社に投資していた分は助かります。
10社であればさらに安心です。1社が倒産しても、9社は助かります。
このように、なるべくリスクを減らす為、長期投資をする上では、投資先を分散させることが必要なのです。
(関連記事:バフェットは集中投資を推奨しているけど、分散投資の方がリスク少ないんでしょ?)

 

 

 

準備資金の半分程度は、株が安くなってきたときに買増しするための資金

100万円の準備資金を用意しても全ての資金をいきなり株購入に使用するわけではありません。使用する資金は半分程度、多くても2/3くらいが良いと思います。

 

つまり、100万円準備したのでしたら50万円、200万円でしたら100万円の株を購入するようにしましょう。
残りの半分のお金はどうするのかというと、普通に銀行に預けておくか、証券会社の口座に入れておきましょう。そして、何かリーマンショックのような大きな経済危機でしたり、大した理由でもないのに優良株が安くなっているといったときに備えておくのです。
そういうときは企業価値と株価に大きなギャップが生まれることが多いため、株がとてもお買い得になります。つまり残り半分のお金は株が安くなったときに購入する為の資金とするのです。

 

 

長期投資は株が安くなったときに購入するというのが基本となります。折角、株が安くなったときに手元にお金がありませんでは話にならないのです。

 

 

 

 

100万円用意し、50万円で3社程度の株を買う

さて、前置きが結構長くなりましたが、ここまで説明すれば私の言いたいことを理解して頂けましたでしょうか?
投資先を分散させる為に、3社程度は投資先として株を購入しなくてはなりません。

 

ある1企業の株の最低取得金額が10〜30万円と考えますと、50万円くらい用意してやっと3社程度の最低購入金額となります。
使用する資金の半分は、株が安くなったとき購入する為に取っておきたいです。

 

ということは、最初に申し上げました結論、100万円は準備資金として持っておきたいということになります。

 

 

私は、本格的に株式投資を始める前に、チュートリアルとして5万円以下くらいの株をなんでもいいから買ってみるということを推奨しているので、実際は105万円あると尚良しです笑
(関連記事:ネット証券選びはこれだけ知っておけばいい!!4つのポイント)

 

 

 

 

 

参考になるか分かりませんが、私の場合は株を始めようと決めてから20万円はなくなってもいいお金だと思い、ろくに投資の勉強もしないまま、チュートリアルと考えて投資をしました。
それがトリドール萩原工業でしたね。トップページでは私の全売買履歴が公開されているのでよろしければ見て下さい。

 

そして、1年弱ほど投資の勉強をしつつ100万円ほど給料を貯めて、本格的に投資を始めていきました。
(関連記事:長期投資開始1年目、2年目は何をする?【投資年表】)

 

そのときに購入した寿スピリッツやDeNAの株は現在も現役で保有を続けています。
(関連記事:DeNAへの投資日記寿スピリッツへの投資日記)

 

 

 

これから投資を始めようと思っている方がこの記事を読んで投資を始めていただけるとうれしいです。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

正しい投資判断をするには?

長期株式投資において、長期的なトレンドでは、他の投資家と同じ事をしなければいけないのですが、短期的なトレンドでは他の投資家と異なることをした方がいいです。どういうことかといいますと、長い目で見たら、この企業は成長する(株価が上がる)ということを他の投資家とともに確信して投資をしなければいけません。し...

≫続きを読む

株を買う前に

預金によるリスクが心配されるこの時代、資産運用についての知識をつけておかないと、後々大変な思いをするでしょう。困ってからでは遅いのです。私はその資産運用として、長期株式投資を推奨しています。さて、長期株式投資がいいということは分かったとしても、どういった株を買うのがいいのでしょうか?ただ株を買えばい...

≫続きを読む

株式投資の資金はいくら準備するべき?

お金の悩み 株式投資を始める上でどのくらいの資金を最初準備するべきなのかというのは、気になるところですよね。積立ての投資信託とかでしたら一万円や千円とかからでも始められます。しかし私は自分で銘柄を選び長期投資をするという前提のもと、今回の記事を書かせていただきます。(関連記事:投資信託をやるべきではない7つの理...

≫続きを読む

企業が利益を上げる仕組みを理解すれば、企業の力が見えてくる

企業というのは、利益を上げる為に組織されています。営利目的である以上、どのように利益を上げようかということに関しては日々試行錯誤しています。例えば、大量生産してコストを下げるとかは、利益を上げる常套手段ですよね。さて、現代というのは、ただモノを作って売るというビジネスモデルだけではなく、利益を上げる...

≫続きを読む

自分が働いている業界に投資すれば新鮮な情報が入ってくる

キーボード 長期投資に限った話ではないのですが、投資をする上で他の投資家を出し抜くということは重要です。ある企業に投資しようとしていても、他の投資家もその企業に注目していると株価はすでに上がってしまっているので、投資をしてもあまり旨みがありません。投資で利益を出すには、やはり他の投資家があまり気付いていないうち...

≫続きを読む

ホリエモンも語る、簿記の重要性

投資をする上で、簿記や会計の知識は必須といってもいいくらいです。なぜなら会社の決算書を読めると、その会社がどのくらいの資産を持っているのか?倒産の可能性はどのくらいあるか?粉飾決算はしていないか?どういった部分に会社として力を入れているのか?といった、投資にまつわる重要な情報がたくさん得られるからで...

≫続きを読む

急落株は長期投資のチャンス!!急落株について考えるべき3つのポイント

株は急落したものを買えば儲かる?という記事では、急落株に安易に飛びつくのは危険であるということを紹介しています。しかし、しっかり分析できる人であれば急落株は投資のチャンスでもあります。買いやすくなっているので当然といえば当然ですよね。世界最強の長期投資家ウォーレンバフェットも普段株価というものにあま...

≫続きを読む

サラリーマン社長の会社は激動の社会変化についていけないので投資は避けるべき?

世界一の長期投資家ウォーレンバフェットは「優秀な経営者の会社に投資しなければならない」ということを述べています。私としては、私のような庶民が優秀な経営者かどうかを判断する実力はないという持論を持っているので、このバフェットの言葉はそこまで重要視しないようにしています。それはなぜかというと、経営者とし...

≫続きを読む

社長が大株主の企業は成長が期待できる

社長 「この企業に投資をしよう」と思ったときに、その企業の大株主に注目はしますか?この大株主の中には社長がいることがベストであると私は考えています。大株主の中に社長がいるということは、ほとんどの場合サラリーマン社長ではない為、経営者として優秀である可能性があります。(関連記事:サラリーマン社長の会社は激動...

≫続きを読む

株が気になって仕方がない場合は保有株の金額を減らした方がいい

株価というものは刻一刻と変化しているものなので、今日の株価はどうだったのかということを気にする方もいるかもしれません。一日の終わりに株価をチェックするくらいだったらまだ可愛いものですね。ひどい人だと、長期投資なのに1時間毎位に株価のチェックをしてしまうなんて人もいます。しかし、そんなことをしてもあま...

≫続きを読む

長期投資と言っても1〜2年で売ったらいけないというわけではない

私はこのブログにおいて、長期投資を推奨しています。何故ならば、長期投資が一番効率が良く安全に儲かる投資だからです。そんな長期投資ですが、一度株を購入したら少なくとも1〜2年は売ってはいけないと思っているかもしれません。なんせ『長期』投資というくらいですからね。確かに、長期投資は投資期間が長ければ長い...

≫続きを読む

何もしないことも長期投資の一環

長期投資のデメリットを調べてみると、結構な確率で書かれている言葉に「長期投資は暇」というものがあります。これには結構ぐうの音もでないです笑確かに長期投資は一度投資をしてしまったら特に何もする必要がないです。むしろ、何かをしてしまうのを耐える必要があります。今回は何もしないということも長期投資の一環で...

≫続きを読む

投資をしたい優良企業のリストを作っておくと管理が楽

楽天証券 お気に入り登録 長期投資をする際、優良と思われる会社を発見したはいいものの株価が高くて今は投資できないというケースはよくあります。そういう会社は証券会社の機能を使って一覧にしておくと便利です。優良企業リストを作成するどの証券会社リストでもお気に入りの企業を管理するということができます。私は楽天証券でNISA口座を開...

≫続きを読む

楽天証券のスクリーニング機能を使いこなせば優良株がきっと見つかる!

スクリーニング 現在日本の企業だけでも上場企業というのは3500社も存在します。そんなにたくさんの企業がある中で、優良株を探すとなるとちょっと一苦労ですよね。しかし、楽天証券のスクリーニング機能を使うと優良株を簡単に検索することができちゃいます。こんな便利な機能を使わないのはとっても損です。そして、スクリーニング機...

≫続きを読む

投資したいと思う株価ラインを楽天証券で設定しておくと便利

アラート設定 長期投資において、投資をしたい優良企業のリストを作っておくと管理が楽であるということは別の記事で述べました。今回は楽天証券の機能を用いて、もう少し管理を楽にする設定をお教えします。それはあなたのリスト企業において、投資したいと思う株価ラインを設定するということです。投資したいと思う株価ラインを一目で...

≫続きを読む

詳しく企業を知りたいなら有価証券報告書を見よう

EDINET 長期投資をする際、企業研究というものは欠かせません。会社四季報や企業のホームページ等を確認すれば、企業の主要事業は何かといったことや企業の概略は分かるかも知れませんが、残念ながらそれだけでは不十分です。四季報や企業ホームページからはそれこそ簡単なことしか分かりませんし、ニュースや他の人のブログといっ...

≫続きを読む

投資先の商品をプレゼンできれば株式投資は成功する

営業マン 株式投資をする際、本当に株式を購入してもいいのかということはかなり悩みますよね。本当に良い企業なのかどうかを判断するのにオススメなのが、投資先の商品をプレゼンできるようにするということです。今回はプレゼンできるようにするとどういうメリットがあるのかを紹介していきます。もしプレゼンができるようになると...

≫続きを読む

長期投資開始1年目、2年目は何をする?【投資年表】

投資年表 投資に興味を持って、いざ自分も始めてみようと思ったはいいものの、実際何から始めたらいいのかというのはわからないものですよね。そこで、今回は長期株式投資を始めるにあたり、1年目、2年目、3年目以降でどういうことを実施していけばよいのかということをまとめました。株式投資に興味を持った方は参考にしてみてく...

≫続きを読む

株投資の運用利回り実数計算!【ディーツ法と修正ディーツ法】

電卓 投資の神様ウォーレン・バフェットは株の平均運用利回りが20%を超えています。毎年20%を超えるってすごいことですよね。バフェットは60年以上投資をしています。仮に100万円から投資を始めたとして、年率20%の複利で60年増えていったらどのくらいの金額になるのか計算してみたらなんと約470億円になるよ...

≫続きを読む