長期投資と言っても1~2年で売ったらいけないというわけではない

長期投資と言っても1~2年で売ったらいけないというわけではない

長期投資と言っても1~2年で売ったらいけないというわけではない

悩む少女
私はこのブログにおいて、長期投資を推奨しています。
何故ならば長期投資が一番効率が良く安全に儲かる投資だからです。

 

そんな長期投資ですが一度株を購入したら少なくとも1~2年は売ってはいけないと思っているかもしれません
なんせ『長期』投資というくらいですからね。

 

確かに、長期投資は投資期間が長ければ長いほど複利効果が大きくなり有利です。また、長期投資をするということは売買する回数も必然的に少なくなるので売買手数料が少なくなります。
(関連記事:長期投資による複利効果の恩恵を受けるべし!長期投資で発生するコスト)

 

しかし、1~2年で売ってはいけないかというとそんなことはありません。売った方が良い場合ももちろんあります。
今回はどういう場合であれば、売ってもいいのかということを説明しようと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

バフェットも長期投資と言いながら株を2年で売ることがある

まず、最初に言っておきたいことがあります。
それは長期投資の神様と言われているウォーレンバフェットも購入した株を絶対に売らないというわけではありません(当たり前の話かもしれませんが笑)
バフェットも売買回数は多いのです!

 

「株の理想の保有期間は永遠だ」という彼の名言から考えると以外ですよね。

 

ウォーレンバフェットは購入した株を1年ほどで売ってしまうことが今までもありました。

 

長期投資の神様と言われているバフェットが株を購入しているのですから、それは当然長期投資をするつもりで購入しています。

 

なんせ彼は「喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない」という名言も残していますからね。
そのバフェットが1年で売るわけですから、私達が売ってはいけないわけがありません(笑)

 

ただバフェットの場合は売買する金額が大きいので、どうしても売買回数は増えてしまうということは頭に入れておいて下さい。
長期投資と言っても臨機応変にやる必要があります

 

次の項目で株を売る際に考えるべき3つのポイントを整理してみました。

 

株を短期でも売っていいか考える3つのポイント

ポイント1:投資判断を間違えた時

バフェットが株をすぐ売ってしまう時というのは、この「投資判断を間違えた時」というのが多いです。
象徴的な売買がリーマンショックのときに行った売買です。

 

2008年にコノコフィリップスというエネルギー関連株を大量に購入していたのですが、2009年にはその株を売っています。
バフェットは投資のタイミングを間違えたのです。それに関しては、バフェットの会社であるバークシャーハサウェイの株主に送る「バフェットからの手紙」でも自分の間違いを認めています。

 

 

投資判断の間違え方にも種類があります。
バフェットのように、今後の市場の見通しを誤ることで失敗することもあれば、企業の成長性の見通しで間違えることもあります。
他にも購入のタイミングを間違えたということもあるでしょうし、企業に内在するリスクを見抜けなかったという間違え方もあります。

 

とりわけ、企業に内在するリスクが見抜けず実際に致命的な不祥事を起こしてしまった場合は、すぐにでも売却を検討するべきでしょう。
致命的な不祥事というのは不正会計データ改ざんといった類のものです。

 

そういった不祥事は企業価値を大きく損ねるものですし、会社の上の人間が支持してやるような不祥事は会社全体が腐っていると言わざるを得ません。
本当は投資をする段階で不祥事を起こすような会社であるかを見極める必要があるのですが、投資してしまったのであれば仕方ありませんので、下落した分は勉強代だと思って損失を確定させるのがいいと思います。

 

 

 

 

ポイント2:企業価値以上に株価が上昇していると思った時

企業価値以上に株価が上昇した時というのも、株を売却していいか考えるポイントになります。

 

株価というものは企業業績の上昇に伴い、上昇するものですが必ずしも正比例するとは限りません
むしろ正比例しないことが多いです。企業の利益が1.5倍になっただけで、株価が3倍や4倍になっていくというのは投資をやっている方だったら何度か見たことのある光景でしょう。
それがあまりにも顕著に株価が上昇してしまっている場合は、企業価値以上に株価が上昇している可能性が高いです。よって売るかどうかを考えるタイミングとしてはありでしょう。

 

 

ただ、この売り時というのも難しいです。私も売り時だと思って売ることがあるのですがその投資判断が間違いである場合もあります。

 

トップページでは私の取引履歴が公開されていますが、萩原工業トリドール寿スピリッツも結果的には売却のタイミングを後悔しています。
萩原工業は売却時の2倍、トリドールは3倍、寿スピリッツは2倍になっていますからね(泣)

 

 

 

 

 

売るかどうか悩むくらいだったら、ドカッと構えてまだまだ上昇すると信じることが長期投資を成功させる近道でしょう。
いずれは調整に入って、あの時に売っていればと思うことは間違いないのですが、ちょうどいいタイミングで売ることができるなんて稀です。
売買回数を増やすよりかはずっと保持した方が長期投資家としての深みが増します。

 

 

 

ポイント3:もっと優良株だと思う株があった時

株式投資をやっていると、不意に優良株だと思っていた株の株価が急落することがあります。しかも大した理由もなく、企業価値が下がっているわけでもないのにです。
そういう株に出くわすと、すごい買いたくなりますよね。今こそ千載一遇のチャンスんなんじゃないかと思うわけです。

 

そんなときに、手元に資金がない場合は保有株を売ってでも優良株に乗り換えるということを考えてもいいでしょう。

 

ただ、長期投資をする癖を持っていない人が優良株だと思う株へ乗り換えるという投資判断を下すのは辞めた方が良いです。
まず第一に、本当に今が投資のチャンスなのかどうかということが分からないです。本当に買い時なのかどうかも分からない株に乗り換えるということを頻繁にやってしまうと、どんどん売買手数料が高くなってしまいます。
それであれば、今持っている株をずっと保持しておいた方が良いでしょう。例え、その急落した株が後々値上がりしたとしてもです。確かに見逃し三振をしてしまったかもしれませんが、そこで投資を我慢したということがあなたの長期投資スキルを高めたはずです。

 

第二に、売ってもいい株というのも分からないでしょう。投資する資金を回収する為に現在持っている株を売る必要があるのですが、どの株を売っていいのかというのが分からないと思います。
売るタイミングというのは買うタイミングよりも難しいので、それだったらもっと投資スキルを磨いた方がいいです。

 

 

 

 

長期投資というのは心構えである

私は長期投資というのは「長期で投資をするぞ、という心構え」を持っていれば良いと思っています。

 

その心構えがない人は、投資をしている会社の企業価値を下げるようなニュースではないのに、株価がぐんぐん下がっていくのを目の当たりにして株を売ってしまうかもしれません。
長期投資家だったらそういうニュースで株が下がっているのだとしたら、投資のチャンスと思うはずです。
(関連記事:急落株は長期投資のチャンス!!急落株について考えるべき3つのポイント)

 

また、5~6年は投資した資金を現金に換金できないと思わないと、生活費まで投資資金に回してしまい、気付いたら生活費が底をついていたなんてことにもなりかねません。
そんな生活をしていたら、別に売りたいわけじゃないのに株売るという不本意な投資判断を下さなくてはならなくなります。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

企業(の商品)を愛してアンテナをはれば長期投資はうまくいく

アンテナ 長期株式投資において、情報へのアンテナのはりかたというのはとても重要です。なぜ重要なのかというと、長期投資で成功するためにはどれだけ他の投資家よりも先に企業の将来性を見抜くことができるかにかかっているからです。まだまだ携帯電話というものが一般的でない時代、どれだけの人が一人一台携帯電話を持つ時代がく...

≫続きを読む

優良株を判断する3つの大前提

3つの大前提 預金によるリスクが心配されるこの時代、資産運用についての知識をつけておかないと後々大変な思いをするでしょう。資産運用というと、すぐに思いつくのが不動産投資や投資信託といったものを想像してしまうかもしれませんがそういったものは不動産会社や金融商品を販売している銀行や証券会社の利益にはなってもあなたの利...

≫続きを読む

株式投資の資金はいくら準備するべき?

お金の悩み 株式投資を始める上でどのくらいの資金を最初準備するべきなのかというのは、気になるところですよね。積立ての投資信託とかでしたら一万円や千円とかからでも始められます。しかし私は自分で銘柄を選び長期投資をするという前提のもと、今回の記事を書かせていただきます。(関連記事:投資信託をやるべきではない7つの理...

≫続きを読む

企業が利益を上げる仕組みを理解すれば、企業の力が見えてくる

企業というのは、利益を上げる為に組織されています。営利目的である以上、どのように利益を上げようかということに関しては日々試行錯誤しています。例えば、大量生産してコストを下げるとかは、利益を上げる常套手段ですよね。さて、現代というのは、ただモノを作って売るというビジネスモデルだけではなく、利益を上げる...

≫続きを読む

自分が働いている業界に投資すれば新鮮な情報が入ってくる

キーボード 長期投資に限った話ではないのですが、投資をする上で他の投資家を出し抜くということは重要です。ある企業に投資しようとしていても、他の投資家もその企業に注目していると株価はすでに上がってしまっているので、投資をしてもあまり旨みがありません。投資で利益を出すには、やはり他の投資家があまり気付いていないうち...

≫続きを読む

ホリエモンも語る、簿記の重要性

投資をする上で、簿記や会計の知識は必須といってもいいくらいです。なぜなら会社の決算書を読めると、その会社がどのくらいの資産を持っているのか?倒産の可能性はどのくらいあるか?粉飾決算はしていないか?どういった部分に会社として力を入れているのか?といった、投資にまつわる重要な情報がたくさん得られるからで...

≫続きを読む

急落株は長期投資のチャンス!!急落株について考えるべき3つのポイント

株は急落したものを買えば儲かる?という記事では、急落株に安易に飛びつくのは危険であるということを紹介しています。しかし、しっかり分析できる人であれば急落株は投資のチャンスでもあります。買いやすくなっているので当然といえば当然ですよね。世界最強の長期投資家ウォーレンバフェットも普段株価というものにあま...

≫続きを読む

サラリーマン社長の会社は激動の社会変化についていけないので投資は避けるべき?

世界一の長期投資家ウォーレンバフェットは「優秀な経営者の会社に投資しなければならない」ということを述べています。私としては、私のような庶民が優秀な経営者かどうかを判断する実力はないという持論を持っているので、このバフェットの言葉はそこまで重要視しないようにしています。それはなぜかというと、経営者とし...

≫続きを読む

経営者が大株主の企業は成長が期待できる

社長 長期投資をする際、経営者に注目するのは大きなポイントです。投資の神様であるウォーレン・バフェットは、「愚か者でも経営できるビジネスに投資をしなさい」と言っていますが、愚か者が経営している会社に投資をしなさいと言っているわけではなく、むしろ優秀な経営者のいる会社に投資をしなさいと言っています。経営者が...

≫続きを読む

株が気になって仕方がない場合は保有株の金額を減らした方がいい

株価というものは刻一刻と変化しているものなので、今日の株価はどうだったのかということを気にする方もいるかもしれません。一日の終わりに株価をチェックするくらいだったらまだ可愛いものですね。ひどい人だと、長期投資なのに1時間毎位に株価のチェックをしてしまうなんて人もいます。しかし、そんなことをしてもあま...

≫続きを読む

長期投資と言っても1~2年で売ったらいけないというわけではない

悩む少女 私はこのブログにおいて、長期投資を推奨しています。何故ならば長期投資が一番効率が良く安全に儲かる投資だからです。そんな長期投資ですが一度株を購入したら少なくとも1~2年は売ってはいけないと思っているかもしれません。なんせ『長期』投資というくらいですからね。確かに、長期投資は投資期間が長ければ長いほど...

≫続きを読む

何もしないことも長期投資の一環

長期投資のデメリットを調べてみると、結構な確率で書かれている言葉に「長期投資は暇」というものがあります。これには結構ぐうの音もでないです笑確かに長期投資は一度投資をしてしまったら特に何もする必要がないです。むしろ、何かをしてしまうのを耐える必要があります。今回は何もしないということも長期投資の一環で...

≫続きを読む

投資をしたい優良企業のリストを作っておくと管理が楽

楽天証券 お気に入り登録 長期投資をする際、まずは銘柄の選定から始めることになると思います。スクリーニングをして検索したり、有識者が注目している株を調べてみたり、または自分の働いている業界で優良と思われる会社に着目したりと、個別株の選定理由は人によってまちまちであることでしょう。(関連記事:楽天証券のスクリーニング機能を使い...

≫続きを読む

楽天証券のスクリーニング機能を使いこなせば優良株がきっと見つかる!

スクリーニング 現在、世界中には数え切れないくらい多くの企業が存在しています。我々日本人は世界の企業となると把握できないので、多くの人は日本企業に投資をします。やはり、自国の企業の方がよく知っている企業ですし、日本の市場はまだ十数年は伸びる可能性を秘めていますからね。【関連記事】企業(の商品)を愛してアンテナをはれ...

≫続きを読む

投資したいと思う株価ラインを楽天証券で設定しておくと便利

アラート設定 長期投資において、投資をしたい優良企業のリストを作っておくと管理が楽であるということは別の記事で述べました。今回は楽天証券の機能を用いて、もう少し管理を楽にする設定をお教えします。それはあなたのリスト企業において、投資したいと思う株価ラインを設定するということです。投資したいと思う株価ラインを一目で...

≫続きを読む

詳しく企業を知りたいなら有価証券報告書を見よう

EDINET 長期投資をする際、企業研究というものは欠かせません。会社四季報や企業のホームページ等を確認すれば、企業の主要事業は何かといったことや企業の概略は分かるかも知れませんが、残念ながらそれだけでは不十分です。四季報や企業ホームページからはそれこそ簡単なことしか分かりませんし、ニュースや他の人のブログといっ...

≫続きを読む

投資先の商品をプレゼンできれば株式投資は成功する

営業マン 株式投資をする際、本当に株式を購入してもいいのかということはかなり悩みますよね。本当に良い企業なのかどうかを判断するのにオススメなのが、投資先の商品をプレゼンできるようにするということです。今回はプレゼンできるようにするとどういうメリットがあるのかを紹介していきます。もしプレゼンができるようになると...

≫続きを読む

長期投資開始1年目、2年目は何をする?【投資年表】

投資年表 投資に興味を持って、いざ自分も始めてみようと思ったはいいものの、実際何から始めたらいいのかというのはわからないものですよね。そこで、今回は長期株式投資を始めるにあたり、1年目、2年目、3年目以降でどういうことを実施していけばよいのかということをまとめました。株式投資に興味を持った方は参考にしてみてく...

≫続きを読む

株投資の運用利回り実数計算!【ディーツ法と修正ディーツ法】

電卓 投資の神様ウォーレン・バフェットは株の平均運用利回りが20%を超えています。毎年20%を超えるってすごいことですよね。バフェットは60年以上投資をしています。仮に100万円から投資を始めたとして、年率20%の複利で60年増えていったらどのくらいの金額になるのか計算してみたらなんと約470億円になるよ...

≫続きを読む