株投資の運用利回り実数計算!【ディーツ法と修正ディーツ法】

株投資の運用利回り実数計算!【ディーツ法と修正ディーツ法】

株投資の運用利回り実数計算!【ディーツ法と修正ディーツ法】

電卓

 

投資の神様ウォーレン・バフェットは株の平均運用利回りが20%を超えています。毎年20%を超えるってすごいことですよね。
バフェットは60年以上投資をしています。仮に100万円から投資を始めたとして、年率20%の複利で60年増えていったらどのくらいの金額になるのか計算してみたらなんと約470億円になるようです。
(関連記事:長期投資による複利効果の恩恵を受けるべし!)

 

 

別に利回りを出しても、投資成績が良くなるわけではないですがやはり運用利回りを出してバフェットのような偉人と自分の利回りを比較してみたいですよね(笑)

 

ただ、利回りを計算しようと思っても「あれ?途中で株を購入したり売却したりしているからどうやって計算するの?」って悩んじゃいますよね。

 

今回は私の実際の運用を用いて運用利回りの計算方法をお教えいたします。
是非こちらを参考に、自分の運用利回りを計算してみてください。

 

断っておきますが、バフェットの運用利回りを超えたからと言って、調子に乗ってしまってはいけませんよΣヽ(`д´;)ノ
バフェットは60年間20%を超えているからすごいのです!!たった一年良かったとしても、バフェットの足元にも及んでいませんからね!!
また、バフェットは運用資金が我々庶民投資家よりも10万倍以上大きいため、株の購入単価が上がってしまい、利回りは下がりやすくなります。

 

バフェットの利回りを超えていても謙虚に投資と向き合うようにしましょう(笑)

 

 

Sponsored Link

 

 

運用利回り計算方法

株の運用利回り計算にはいくつかありますが、下の3つが有名です。

 

  • ディーツ法
  • 修正ディーツ法
  • 厳密法

 

一番簡単なのはディーツ法です。計算を単純にする近似を用いていますから(^^)
そして、下にいくにつれ利回り計算としては正確性が増しますが、計算が面倒になっていきます。

 

今回は比較的簡単なディーツ法と修正ディーツ法を紹介します。
なぜ厳密法を紹介しないのかというと、面倒だからです。利回り計算にあまり時間をかけて正確な値を算出してもあまり意味がありません。

 

計算には私の2016年の投資成績を用いましょう。
計算式の違いも意識すると、理解が深まると思います。

 

 

投資成績

私が実際の投資成績はトップページで公開していますが、2016年の投資成績をまとめると下の表のようになります。

 

2016年 投資成績

 

上の表を説明しますと、緑背景は2016年の最初(期初)から保有していたが、2016年の途中で売却した株です。
赤背景は2016年期初から2016年の最後(期末)まで一年中保有していた株です。
灰色背景は期初は保有していなかったが2016年の途中で購入し、2016年期末まで保有していた株です。

 

これを計算していきますよ〜。

 

ディーツ法

全く株の売買がなかったとしたら、利回り計算って小学生の知識で計算できてしまいますよね?以下のような感じで計算式を作ればいいわけです。

 

利回り計算

 

しかし、問題は1年の中で株を買ったり売ったりするから紛らわしくなるんですよね・・
ディーツ法という計算方法では、株の購入や株の売却に必要な合計の金額(キャッシュフロー)は年初から持っていたという前提の元、計算します。

 

 

具体的にディーツ法は以下の数式で運用利回りを計算します。

 

ディーツ法

 

 

ディーツ法

 

 

式の値の色と表の枠線の色を対応させています。
例えば期末時価総額は青色になっていますが、その値は表の枠線で囲った青色の部分が関係しています。

 

当然ですが、分子は利益、分母は投入資金を表しているわけですね。

 

ディーツ法

 

 

ディーツ法の計算式に出てくる用語の意味を少し解説しておきましょう。

 

時価総額とは読んで字のごとく「その時の価格の総額」です。お寿司で時価と言いますが、あれはその時々の仕入れ値によって金額が変わるということですよね。
株の場合、時価は「その時の価格×株数」で計算します。つまり期初時価といったら「期初の株価×株数」となります。

 

 

 

期初時価総額といったら、「期初に保有していた株の時価総額」です。つまり、表でいうと赤枠で囲った金額の合計となります。計算すると3,295,000円となります。
私は2016年の期初にそれだけの株を保有していたわけですね(^^)

 

 

期初時価総額が分かると期末時価総額は簡単で、「期末に保有していた株の時価総額」です。期末時価総額は表でいうと青枠で囲った金額の合計となります。計算すると4,505,400円となります。

 

 

 

一番分かりづらいのはキャッシュフローですね。キャッシュフローは現金の流入ということです。株を売却したときの金額や配当金は現金が入ってくるのでキャッシュフローはプラス、逆に株を購入する際の金額や売買手数料、税金は現金がなくなるのでキャッシュフローはマイナスとなります。

 

キャッシュフローに関係する部分はピンクの枠で囲った部分です。
@は売却株で現金が入ってきますのでキャッシュフローはプラスです。金額で言うと1,451,500円です。
Aは購入株で現金が出ていっているのでキャッシュフローはマイナスです。金額で言うと1,495,300円です。
Bは配当金はプラス、税金はマイナス、売買手数料はマイナスとなりますね。形式的に売買手数料は-293円とマイナスを付けています。売買手数料がかかったものとしては、2016年売却株のレオパレス21です。これだけはNISAが開始される前に購入したものなので、売買手数料がかかってしまっています。また、税金がかかる取引も同様にNISAのおかげでレオパレス21の取引だけなのですが、利益が20万円以下だったため非課税です。つまり、Bの合計金額は55,223円です。
つまりキャッシュフローの合計は
@−A+B
=1,451,500−1,495,300+55,223
11,423円

 

 

株取引は売買手数料が無料のNISA口座を利用しましょう。株取引に掛かる税金と売買手数料というコストがどちらも無料になります。
【関連記事】

  1. 長期投資で発生するコスト
  2. 所得税や住民税がなければ良いと思うなら、NISAを素晴らしいと思うはず【NISAとは?】
  3. ネット証券選びはこれだけ知っておけばいい!!4つのポイント

 

さて、これによりディーツ法での運用利回り計算ができるようになります。

 

ディーツ法

 

 

俺バフェットよりすごくね!?

 

 

冗談です(笑)
調子に乗らずに謙虚にいきましょう(笑)

 

ディーツ法を利用すると、このように簡単に大雑把な利回り計算ができるようになるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

あくまで大雑把な利回り計算となります。

 

 

 

極端な例を挙げましょう。
太郎さんがもしも期初に100万円のA社の株を持っていて、期末にはA社の株が2倍の200万円に上がったとしましょう。
普通であれば、太郎さんの運用利回りは100%ですね?

 

しかし、太郎さんは期末の前日に1000万円の資金を投入してB社の株を購入したとします。
1日しか経過していないので、B社の株は当然そこまで株価に変動しません。

 

今回はまったくB社の株価は変動しなかったと仮定しましょう。
すると、ディーツ法では太郎さんの運用利回りは以下のようになります。

 

ディーツ法

 

かなり利回りが下がってしまいました。しかし、太郎さんの運用利回りはB社の株を購入する前日までは100%だったのにここまで変わってしまうのはちょっとおかしいですよね?
これはディーツ法の近似に問題があるためです。

 

ディーツ法では途中で投入した資金を期初から持っていたと仮定しているので、キャッシュの投入が期末に近ければ近いほど、またキャッシュフローが大きければ大きいほど値が運用利回りの本質とづれてしまいます。

 

そこで、そういう場合は修正ディーツ法を用いた方がいいでしょう。

 

 

修正ディーツ法

修正ディーツ法は上述したようなディーツ法の欠点を修正できる計算方法です。
具体的な計算式は以下のようになります。

 

修正ディーツ法

 

先程の太郎さんの話では何が悪かったのかというと、投入したキャッシュ(1,000万円)が期末前日から期末までの1日しか活用されていないのに、ディーツ法では365日活用されたと計算されたことです。
修正ディーツ法では1,000万円のキャッシュは1年(365日)の中で1日しか活用されなかったとして計算します。
つまり太郎さんの場合の運用利回りは修正ディーツ法では以下のように計算するのです。

 

修正ディーツ法

 

これで太郎さんの運用利回りは正しい数値になりました(^^)

 

 

 

さて、では実際の私の2016年の運用利回りを修正ディーツ法で計算してみましょう。
分かっていない数値は期間内平均キャッシュフローですね。

 

私期間内平均キャッシュフローを計算していきます。
まず売却株に注目します。
修正ディーツ法

 

売却株の期間平均キャッシュは-686,364円です。

 

また、購入株では・・
修正ディーツ法
期間内平均キャッシュは884,485円です。

 

さらに、税金や配当金のキャッシュは55,223円です。(本当はこちらも期間平均を出すのが正しいやり方ですが、小さい値なので無視します)

 

よって、期間内平均キャッシュフローは
884,485-686,364+55,223=253,344円

 

この数値を修正ディーツ法計算式に当てはめて計算しましょう。

 

 

修正ディーツ法

 

 

こんな感じで、普通はディーツ法と修正ディーツ法ではそこまで運用利回りが変わりません。
正式に計算する必要がないのであれば、ディーツ法で簡単に算出するといいでしょう。

 

皆さんも気が向いたら計算してみてください。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

正しい投資判断をするには?

長期株式投資において、長期的なトレンドでは、他の投資家と同じ事をしなければいけないのですが、短期的なトレンドでは他の投資家と異なることをした方がいいです。どういうことかといいますと、長い目で見たら、この企業は成長する(株価が上がる)ということを他の投資家とともに確信して投資をしなければいけません。し...

≫続きを読む

株を買う前に

預金によるリスクが心配されるこの時代、資産運用についての知識をつけておかないと、後々大変な思いをするでしょう。困ってからでは遅いのです。私はその資産運用として、長期株式投資を推奨しています。さて、長期株式投資がいいということは分かったとしても、どういった株を買うのがいいのでしょうか?ただ株を買えばい...

≫続きを読む

株式投資の資金はいくら準備するべき?

お金の悩み 株式投資を始める上で、どのくらいの資金を最初準備するべきなのかというのは、気になるところですよね。投資方法にも色々あるわけですが、投資信託とかでしたら一万円とかからでも始められます。しかし私は自分で銘柄を選び、長期投資をするという前提のもと、今回の記事を書かせていただきます。自分で銘柄を選択する場合...

≫続きを読む

企業が利益を上げる仕組みを理解すれば、企業の力が見えてくる

企業というのは、利益を上げる為に組織されています。営利目的である以上、どのように利益を上げようかということに関しては日々試行錯誤しています。例えば、大量生産してコストを下げるとかは、利益を上げる常套手段ですよね。さて、現代というのは、ただモノを作って売るというビジネスモデルだけではなく、利益を上げる...

≫続きを読む

自分が働いている業界に投資すれば新鮮な情報が入ってくる

キーボード 長期投資に限った話ではないのですが、投資をする上で他の投資家を出し抜くということは重要です。ある企業に投資しようとしていても、他の投資家もその企業に注目していると株価はすでに上がってしまっているので、投資をしてもあまり旨みがありません。投資で利益を出すには、やはり他の投資家があまり気付いていないうち...

≫続きを読む

ホリエモンも語る、簿記の重要性

投資をする上で、簿記や会計の知識は必須といってもいいくらいです。なぜなら会社の決算書を読めると、その会社がどのくらいの資産を持っているのか?倒産の可能性はどのくらいあるか?粉飾決算はしていないか?どういった部分に会社として力を入れているのか?といった、投資にまつわる重要な情報がたくさん得られるからで...

≫続きを読む

急落株は長期投資のチャンス!!急落株について考えるべき3つのポイント

株は急落したものを買えば儲かる?という記事では、急落株に安易に飛びつくのは危険であるということを紹介しています。しかし、しっかり分析できる人であれば急落株は投資のチャンスでもあります。買いやすくなっているので当然といえば当然ですよね。世界最強の長期投資家ウォーレンバフェットも普段株価というものにあま...

≫続きを読む

サラリーマン社長の会社は激動の社会変化についていけないので投資は避けるべき?

世界一の長期投資家ウォーレンバフェットは「優秀な経営者の会社に投資しなければならない」ということを述べています。私としては、私のような庶民が優秀な経営者かどうかを判断する実力はないという持論を持っているので、このバフェットの言葉はそこまで重要視しないようにしています。それはなぜかというと、経営者とし...

≫続きを読む

社長が大株主の企業は成長が期待できる

「この企業に投資をしよう」と思ったときに、その企業の大株主に注目はしますか?この大株主の中には社長がいることがベストであると私は考えています。大株主の中に社長がいるということは、ほとんどの場合サラリーマン社長ではない為、経営者として優秀である可能性があります。(関連記事:サラリーマン社長の会社は激動...

≫続きを読む

株が気になって仕方がない場合は保有株の金額を減らした方がいい

株価というものは刻一刻と変化しているものなので、今日の株価はどうだったのかということを気にする方もいるかもしれません。一日の終わりに株価をチェックするくらいだったらまだ可愛いものですね。ひどい人だと、長期投資なのに1時間毎位に株価のチェックをしてしまうなんて人もいます。しかし、そんなことをしてもあま...

≫続きを読む

長期投資と言っても1〜2年で売ったらいけないというわけではない

私はこのブログにおいて、長期投資を推奨しています。何故ならば、長期投資が一番効率が良く安全に儲かる投資だからです。そんな長期投資ですが、一度株を購入したら少なくとも1〜2年は売ってはいけないと思っているかもしれません。なんせ『長期』投資というくらいですからね。確かに、長期投資は投資期間が長ければ長い...

≫続きを読む

何もしないことも長期投資の一環

長期投資のデメリットを調べてみると、結構な確率で書かれている言葉に「長期投資は暇」というものがあります。これには結構ぐうの音もでないです笑確かに長期投資は一度投資をしてしまったら特に何もする必要がないです。むしろ、何かをしてしまうのを耐える必要があります。今回は何もしないということも長期投資の一環で...

≫続きを読む

投資をしたい優良企業のリストを作っておくと管理が楽

楽天証券 お気に入り登録 長期投資をする際、優良と思われる会社を発見したはいいものの株価が高くて今は投資できないというケースはよくあります。そういう会社は証券会社の機能を使って一覧にしておくと便利です。優良企業リストを作成するどの証券会社リストでもお気に入りの企業を管理するということができます。私は楽天証券でNISA口座を開...

≫続きを読む

楽天証券のスクリーニング機能を使いこなせば優良株がきっと見つかる!

スクリーニング 現在日本の企業だけでも上場企業というのは3500社も存在します。そんなにたくさんの企業がある中で、優良株を探すとなるとちょっと一苦労ですよね。しかし、楽天証券のスクリーニング機能を使うと優良株を簡単に検索することができちゃいます。こんな便利な機能を使わないのはとっても損です。そして、スクリーニング機...

≫続きを読む

投資したいと思う株価ラインを楽天証券で設定しておくと便利

アラート設定 長期投資において、投資をしたい優良企業のリストを作っておくと管理が楽であるということは別の記事で述べました。今回は楽天証券の機能を用いて、もう少し管理を楽にする設定をお教えします。それはあなたのリスト企業において、投資したいと思う株価ラインを設定するということです。投資したいと思う株価ラインを一目で...

≫続きを読む

詳しく企業を知りたいなら有価証券報告書を見よう

EDINET 長期投資をする際、企業研究というものは欠かせません。会社四季報や企業のホームページ等を確認すれば、企業の主要事業は何かといったことや企業の概略は分かるかも知れませんが、残念ながらそれだけでは不十分です。四季報や企業ホームページからはそれこそ簡単なことしか分かりませんし、ニュースや他の人のブログといっ...

≫続きを読む

投資先の商品をプレゼンできれば株式投資は成功する

営業マン 株式投資をする際、本当に株式を購入してもいいのかということはかなり悩みますよね。本当に良い企業なのかどうかを判断するのにオススメなのが、投資先の商品をプレゼンできるようにするということです。今回はプレゼンできるようにするとどういうメリットがあるのかを紹介していきます。もしプレゼンができるようになると...

≫続きを読む

長期投資開始1年目、2年目は何をする?【投資年表】

投資年表 投資に興味を持って、いざ自分も始めてみようと思ったはいいものの、実際何から始めたらいいのかというのはわからないものですよね。そこで、今回は長期株式投資を始めるにあたり、1年目、2年目、3年目以降でどういうことを実施していけばよいのかということをまとめました。株式投資に興味を持った方は参考にしてみてく...

≫続きを読む

株投資の運用利回り実数計算!【ディーツ法と修正ディーツ法】

電卓 投資の神様ウォーレン・バフェットは株の平均運用利回りが20%を超えています。毎年20%を超えるってすごいことですよね。バフェットは60年以上投資をしています。仮に100万円から投資を始めたとして、年率20%の複利で60年増えていったらどのくらいの金額になるのか計算してみたらなんと約470億円になるよ...

≫続きを読む