バフェットは集中投資を推奨しているけど、分散投資の方がリスク少ないんでしょ?

バフェットは集中投資を推奨しているけど、分散投資の方がリスク少ないんでしょ?

バフェットは集中投資を推奨しているけど、分散投資の方がリスク少ないんでしょ?

集中と分散
集中投資、分散投資という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

こちらは対比的なものでして、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

競馬をイメージすると分かりやすいです。

 

 

集中投資は、競馬でいうところの一点買いです。

 

メリット:当たったらかなりでかいリターンを得られる
デメリット:外れたら目も当てられない

 

 

 

一方、分散投資は競馬でいうと、単勝(1等の馬を当てる)、複勝(1〜3等までに入る馬を1頭当てる)織り交ぜながら、馬連(1〜2等を当てる)を狙うといったところです。

 

当たる確率が高いのですが、当たってもリターンが小さくなってしまいます。

 

 

 

つまり極端なことを言うと、株での究極の集中投資はすべての資産1社の株を買うことになります。

 

しかし、実際にはここまで極端ではありません(^^)

 

 

一般的に集中投資というと、1社〜5社、多くて10社程度に絞って投資することで、
分散投資はさらに多くの会社、もっと言えば異なる国にも投資することです。

 

 

Sponsored Link

 

 

ウォーレン・バフェットは集中投資を推奨している

投資をかじったことのある方なら、誰でも聞いたことのある方だと思いますが、投資の神様といわれる人にウォーレン・バフェットという方がいます。
アメリカの長者番付上位に毎回名前を連ねる方で、世界中の長期投資家は、彼が発した言葉や彼が経営する会社バークシャー・ハサウェイの株主に送られる手紙を分析し投資を学びます。

 

そんなバフェットは、集中投資を推奨しています。

 

ただバフェットは運用する金額がかなりでかいので、集中投資といっても1〜5社にしか投資していないというわけわありません。

 

しかし、7〜8社程度で資産の75%を占めるポートフォリオとなっており、バフェットの愛する株として有名なコカコーラ株は毎年15〜20%を占めています。
投資ファンドとしてはかなりの多さですね。それだけ集中させて投資しているということです。

 

ちなみに日本の投資ファンドはかなり投資先を分散させ、リスクを抑えようとしています。一番の投資先でもポートフォリオの2%程度です。
彼らは信託手数料を客から巻き上げることが目的であり、客のために運用しようなんて思っていないですからね(^^)

 

 

バフェットが集中投資を推奨する理由としては、優良な企業を見抜けば、投資を分散させる必要はないということです。

 

 

個人投資家はどのくらいの数の企業に投資すればいいのか?

では、我々個人投資家は何社くらいに投資をするのが良いのでしょう?
ちゃんと投資知識を持っていれば集中投資をするのがいいとは言っても、1社にのみ投資するというのは論外だと思います(笑)

 

何を持って、そこまで強気になれるのでしょうか?よほど自信があるといっても何が起こるか分からないのが株です。
それでは集中投資のメリットよりもリスクのほうが大きくなってしまうでしょう。

 

 

 

個人投資家レベルでは5〜10社程度がベストなのではないでしょうか?
これ以下では少し投資を集中させすぎて、リスクが高いと思われます。

 

 

また、5〜10社以上となると、1社1社の情報を調べるのも大変ですし、管理が大変になります。
個人投資家はほとんどがサラリーマンでしょうから、時間がさほどあるわけではありません。

 

そんな中で、会社の業績をきちんと調べて投資をするわけですから、あまり企業数が多いとなると一社一社の企業研究が疎かになってしまう可能性が高いです。

 

そういった意味でも、多すぎず、少なすぎずといった会社数は5〜10社程度が妥当と言えます。

 

 

またリスクの分散という意味では、別の国にも投資するという方法も有ります。
普通投資をするというと、我々は日本人なので、日本の企業に投資をすることになると思いますが、他の国に詳しいようでしたら、そちらにも投資をするというのは、とてもいいリスクヘッジです。

 

投資とは、これから成長の期待がある企業へ行うものなので、ある程度成熟した日本よりも、これからの発展が目覚ましいアジア、いまだ成長を続けるアメリカへの投資はかなり魅力的です。

 

 

ただ、無理に国を分散させる必要はないと私は思います。
日本は成長は遅いとしても、崩壊する恐れの少ない優良な国なので、わざわざあまり内情を知らない海外の企業に投資するくらいなら日本の良く知っている企業に投資した方がまだマシというものです。
(関連記事:日本は長期投資先として魅力がない?)

 

 

自分の仕事なり趣味なりで、優良な海外の国だったり、企業だったりをよく知っているという場合においてのみ、投資する国も分散させるという選択肢をとれるようになるのです。
そういったアドバンテージのない方は、他国への投資はリスクヘッジではなく、ただのリスクにしかならないでしょう。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

バフェットは集中投資を推奨しているけど、分散投資の方がリスク少ないんでしょ?

集中と分散 集中投資、分散投資という言葉を聞いたことがあるでしょうか?こちらは対比的なものでして、それぞれにメリット、デメリットがあります。競馬をイメージすると分かりやすいです。集中投資は、競馬でいうところの一点買いです。メリット:当たったらかなりでかいリターンを得られるデメリット:外れたら目も当てられない一方...

≫続きを読む

投資は心に余裕が持てる程度の余裕資産で行うべき

余裕資産 投資とは、リスクと隣り合わせということはだれでもご存じのことかと思います。それは、長期株式投資も例外ではありません。株は儲けることもあれば、損することもあります。そんななかで、投資初心者、もしくはこれから投資を始めようと思っている方に、これだけは守ってもらいたいルールがあります。それは、余裕資金で投...

≫続きを読む

投資のうまい話は疑え!!

与沢翼 投資に興味を持っているということは、少なからずちょっと儲けてやろうという気持ちがあると思います。1日10分で月収100万円初心者でも日給10万円秒速で1憶稼ぐ巷ではこんなキャッチフレーズで投資に誘うことがよくありますし、とても魅力的に感じます。私もお金が大好きなので、そんな文句に引き付けられないと言...

≫続きを読む

投資は大金を稼げるものと思わない

B・N・F 株式投資には、楽して大金を稼げるなんてイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?確かに、うまくいけば一瞬でサラリーマンの生涯賃金を一瞬で超えるだけの大金を掴んでしまうことがあるのも事実です。一日で億の金を稼ぐ人も確かに存在する有名な話ですと、2005年にジェイコム男なんて異名をつけられた男(...

≫続きを読む

【マシュマロ実験】人は自制心を持たないと未来に投資できないと理解する

マシュマロ 投資をする上で、知っておいてほしい話があります。それは人というものは浅ましい動物であり、将来得すると分かっていても目先の利を優先するということです。人はどうやら、現在や本当に近い未来のことを優先して考えてしまうということが人間の心理研究でも明らかになっているのです。今回はその内容を紹介し、それを理解...

≫続きを読む

情報入手する上で知っておきたいこと【ホントは教えたくない話】

知っている女性 投資をする上で、情報収集というものは切っても切れない関係にあります。15年前とかでは考えられないくらい、現代はネットに様々なサイトがあふれており、検索すると本当に何でも分かる時代になりました。当たり前のことかもしれませんが、このように様々なサイトが存在しているのは、そのサイトを作成している人がいるか...

≫続きを読む

信用取引をやるべきでない4つの理由

取引 普段我々が自分の資産を用意して株を購入するという一般取引に対して、信用取引という株の取引方法があります。こちらは、自分の資産を担保に最高3倍までのレバレッジをかけて取引ができるというものです。(関連記事:信用取引とその特徴)私は、信用取引はやるべきでないと考えております。その理由をこれから紹介します...

≫続きを読む

長期投資初心者に足りないのは失敗経験!さあ、メガネスーパーの株式を購入しましょう...

戦略的失敗 ※追記(2017/11/18)2017年11月1日メガネスーパーはビジョナリーホールディングスの完全子会社となりました。メガネスーパーは最強株主優待株!?で書いているのですが、私はメガネスーパーの株を100株保有しています。理由としては、ただ単純にメガネスーパーの株主優待が欲しかったからです。しかし...

≫続きを読む

株のアナリストの言葉なんか信用すると一生投資で成功しない

株のアナリスト 株を始める際、情報をどういったものから得ればいいのか分からなくて、株のアナリストの言葉を参考にするという方がいるかもしれません。彼らは株に関する知識が豊富で様々な観点から「この株は買いだ!」「この株は売りだ!」ということを言っています。株の知識がないと自信満々に語る彼らをついつい信用し、それに乗っか...

≫続きを読む

投資判断は不連続でなければならない

ドミノ 株価というものは「チャート」があるくらいですから、ある程度「連続性」を持ったものです。連続性というと分かりづらい言葉を使ってしまっていますが、簡単に言うと500円だった株価がいきなり1000円になったりすることはなく、510円→520円→540円というように流れがあるということです。流れがあるから、...

≫続きを読む

ハイテク株やIT関連株に投資をしてはいけない?バフェットの投資から見るハイテク株...

ハイテク 投資の神様ウォーレン・バフェットはハイテク株が嫌いと言われています。1990年末から2000年初頭にかけて、世の中はITバブルに浮かれていました。IT技術の発展に伴いどんどんIT企業の株価が上昇していった時代だったわけですね。バフェットはそんな中でもかたくなにハイテク株やIT関連株に投資をしませんで...

≫続きを読む

株式投資は日経平均に投資しているのではなく、企業に投資をしている

家 お金 よく日本の経済を悲観して、「日本はもう終わりだ。日本に投資先としての魅力はまったくない」なんて言う人がいます。私も確かに日本の経済が停滞しているというのはその通りなのかなと思います。例えばですが、財務省が消費税という制度を導入して消費意欲を奪いました。(関連記事:消費税の大罪)また、デフレ政策が経済...

≫続きを読む

投資信託をやるべきではない7つの理由

駄目な選択 皆さんは投資信託をやっていますか?最近はつみたてNISAなんてものも始まり、銀行金利が上がらないこんな時代ですから投資信託に目を向ける方も多くいるのではないでしょうか?私は株投資を始めて5年ほどが経とうとしていますが、そんな私に言わせると投資信託はメリットが少ないです。本気で資産の運用を考えているの...

≫続きを読む

長期投資家の私が仮想通貨投資をやらない5つの理由

仮想通貨爆上げ 2017年は仮想通貨が瀑上げしましたね。特にビットコインは1年で10倍以上になるというなんとも羨ましいことが起きました。私も一応投資家の端くれですから、仮想通貨に関しては2015年位から興味を抱いていました。(情報遅いけど笑)仮想通貨関連の本は3冊ほど読みました。仮想通貨投資の本というよりも仮想通貨...

≫続きを読む