【マシュマロ実験】人は自制心を持たないと未来に投資できないと理解する

【マシュマロ実験】人は自制心を持たないと未来に投資できないと理解する

人は自制心を持たないと未来に投資できないと理解する

投資をする上で、知っておいてほしい話があります。
それは人というものは浅ましい動物であり、将来得すると分かっていても目先の利を優先するということです。

 

人はどうやら、現在や本当に近い未来のことを優先して考えてしまうということが人間の心理研究でも明らかになっているのです。
今回はその内容を紹介し、それを理解したうえで長期投資にあてはめて考えてみましょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

マシュマロ実験

マシュマロ
有名な心理研究でマシュマロ実験というものがあります。

 

マシュマロ実験とは、スタンフォード大学で行われた実験で、4歳児にマシュマロ1個をを見せて「私はちょっと用事があるので部屋を出ます。その1個のマシュマロはあげるけど、私が戻ってくる15分後までに食べるのを我慢していたらもう1個あげる」といったものです。
(参考:wiki「マシュマロ実験」)

 

この実験の結果、2/3の児童は我慢できず食べてしまうという結果が得られました。
つまり、我慢すればあとで得をするということが分かっていても、人間は目先の利を優先し、欲望に負けてしまうのです。

 

 

 

日常的にもある目先の利の優先例

このマシュマロ実験は、あくまで4歳の子供を対象にした実験です。
「大人になるにつれて、理性や自制心といったものも働き、私はマシュマロを2個食べられるように我慢するくらい訳はない」なんて思う方もたくさんいるでしょう。

 

しかし、本当にそうでしょうか?
世の中について考えてみると、実にたくさんの目先の利を優先してしまう例があります。

 

  • ギャンブルを止められない人
  • ギャンブルというものは、基本的に負けるようにできています。なぜなら期待値は100%以下になるようにできているからです。(関連記事:株式投資をギャンブルと思いみんなが避けると日本が潰れる)

     

    パチンコ・スロット、短期投資、競馬・競輪・競艇、宝くじ。
    私は全てこれらは期待値が低く設定されているギャンブルです。
    それは分かっていても「もしかしたら今回は勝てる(当たる)かもしれない」、「勝って(当たって)いる人もいるんだから自分だって勝てるはず」。そんなことを考えて、欲望に目がくらみギャンブルをやってしまうという人はやはり目先の利を優先してしまっていると言えます。

     

  • 勉強をする気がない人
  • 現在の日本は、残念ながら学歴社会です。ほとんどの家庭では勉強していい大学に行けと教えられるはずです。
    そのように教えられ、いい大学を出た方が収入が高いということは明らかなのに、「今が楽しければいい」「何の為に勉強するのか分からない」という考えのもと、勉強しないというのは言い訳のように聞こえてしまいます。
    (関連記事:学歴はやはり金になる)

     

    別に大学というものにこだわらなくても、何か本当に信念があって大学以外の勉強をしたり別のことに挑戦しているような人は良いんですよ?大学なんかでてない成功者はたくさんいます。
    明石家さんまさんやダウンタウンといった芸人さんを始め、経営者としてもビルゲイツ、松下幸之助、本田宗一郎、堀江貴文(ホリエモン)といったそうそうたるメンバーは高卒です。学歴がなくても成功者になれることは、世界の偉人たちによって証明されています。しかし、成功者はみな将来を見据えた行動を起こしています。彼らは決して1個のマシュマロではなく、2個のマシュマロを手に入れているはずです。

     

  • コンプライアンスを無視する経営者
  • 最近では、DeNAのキュレーションサイトのいわゆるパクリ記事問題が取りざたされました。
    (関連記事:DeNAのモラル)

     

    こういった問題も、コンプライアンス(法令順守)の欠如から起きているといえるでしょう。目先の利益を追求した結果、このようなパクリを許容してしまうのは、経営者として問題がありますね。

     

  • 浮気をする人
  • 浮気というものも、欲望を優先した理にかなっていない行動と言えます。
    どのくらい理にかなっていないかに関して、芸人の土田さんの説明はとてもしっくりきます。
    (参考記事:愛妻家芸人・土田晃之が浮気しない理由「2億の価値のあるSEXって何?」)

     

    概略としては、浮気とは自分からしたら2億と愛する家族を失うかもしれないリスクの高い行為である。そんな価値のSEXとは何?ということです。
    とてもロジカルな説明ですよね。
    しかし、世の中の2/3はそんなことを気にせず、目の前のマシュマロ(浮気)を優先してしまうんですよね笑

     

  • 太って痩せられない人
  • 太るということを気にしているくせに、食欲に負けてしまう人がいます。気持ちは分かるんですが、残念ながらこれも目先の利益にとらわれています。
    しかもそういう人に限って、「簡単に痩せられる」とか「食べるだけで痩せる」といった文句に騙されてしまうのです。
    他にも、即効性を優先して断食してしまう極端な方もいます。地道なことを嫌うんですよね。しかし、これは健康という「資産」を犠牲にした行為であり、オススメできません。

     

    痩せたいんだったら、運動と適度な食事制限をして、時間をかけて痩せるのが一番です。

 

どうでしょうか?
私が挙げたどれか一つくらいは皆さんにも当てはまっているんじゃないでしょうか?

 

いかに人間が我慢のできない目先の利を優先する動物か分かりますね。
ちなみに私は、太って痩せられない人が当てはまります(・_・;)
最近体重が増えてきちゃっているので、なんとか頑張って痩せたいです。

 

 

マシュマロ実験から長期投資家が学ぶべきこと

上述した例のように、人は残念ながら目先の利を優先して自制心が聞かないものです。
しかし、投資をする上ではマシュマロを我慢できるような1/3の人間にならなくてはいけません

 

もし購入した株が急激に上昇した場合、あなたはその株が下がる前に売ろうとしてしまいませんか?
残念ながら、それは1個のマシュマロかもしれません。もう少し待った先にもう1個マシュマロが貰えるかもしれないのです。

 

もしかしたら、あなたはまたその株が下がったら買おうと思っているのかもしれません。しかし、どこにその株がまた下がるという保証があるのでしょう?どこに、あなたの押し目買い(株価が下がった時の購入)が成功するという保証があるのでしょう?

 

基本的に長期投資は株の売買手数料を意識しなければなりません。
株の儲けに対して少ないからあまり意識しないかもしれませんが、手数料は気付いたら大きくなっているものなのです。

 

人は地道に頑張るということを嫌うので、すぐに1個のマシュマロに飛びついてしまいますが、そこは我慢です。
その我慢した先にある、2個のマシュマロを手に入れるというのが長期投資家の基本的な考え方です。

 

長期投資に失敗する要因として大きいのは、株価の上下に一喜一憂し、頻繁に売買を行ってしまっている人です。
だって、世の中の2/3は1個のマシュマロに飛びついてしまうんですもんね。
長期投資に失敗している人やこれから投資をやるという方はがいたら取引のたびに思い出して下さい。

 

「これは1個のマシュマロではないか」ということを。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

バフェットは集中投資を推奨しているけど、分散投資の方がリスク少ないんでしょ?

集中と分散 集中投資、分散投資という言葉を聞いたことがあるでしょうか?こちらは対比的なものでして、それぞれにメリット、デメリットがあります。競馬をイメージすると分かりやすいです。集中投資は、競馬でいうところの一点買いです。メリット:当たったらかなりでかいリターンを得られるデメリット:外れたら目も当てられない一方...

≫続きを読む

投資は心に余裕が持てる程度の余裕資金で行うべき

余裕資産 投資はリスクと隣り合わせということはだれでもご存じのことかと思います。それは長期株式投資も例外ではありません。株は儲けることもあれば、損することもあります。絶対に損をしない投資なんてものはありません。そのように聞くと、必要以上にリスクを恐れて、「じゃあ、投資をしないで堅実に銀行預金をしたり、投資のプ...

≫続きを読む

投資のうまい話は疑え!!

企みの電話 日本は世界と比べてGDPこそ高いものの、時間あたりの生産性は先進国の中でも低いことが知られています。この時間あたりというのも、日本の悪しき文化であるサービス残業を入れるとさらに落ちることでしょう。(関連記事(外部リンク):OECD加盟諸国の国民1人当たりGDPと労働生産性)ストレスは高くなる一方で上...

≫続きを読む

投資は一瞬で大金を稼げるものと思うな

B・N・F 株式投資には、楽して大金を稼げるなんてイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?確かに、うまくいけば一瞬でサラリーマンの生涯賃金を一瞬で超えるだけの大金を掴んでしまうことがあるのも事実です。有名な話ですと2005年にジェイコム男なんて異名をつけられたB・N・Fさんがたった16分で20億円稼い...

≫続きを読む

【マシュマロ実験】人は自制心を持たないと未来に投資できないと理解する

マシュマロ 投資をする上で、知っておいてほしい話があります。それは人というものは浅ましい動物であり、将来得すると分かっていても目先の利を優先するということです。人はどうやら、現在や本当に近い未来のことを優先して考えてしまうということが人間の心理研究でも明らかになっているのです。今回はその内容を紹介し、それを理解...

≫続きを読む

情報入手する上で知っておきたいこと【ホントは教えたくない話】

知っている女性 投資をする上で、情報収集というものは切っても切れない関係にあります。15年前とかでは考えられないくらい、現代はネットに様々なサイトがあふれており、検索すると本当に何でも分かる時代になりました。当たり前のことかもしれませんが、このように様々なサイトが存在しているのは、そのサイトを作成している人がいるか...

≫続きを読む

信用取引をやるべきでない4つの理由

取引 普段我々が自分の資産を用意して株を購入するという一般取引に対して、信用取引という株の取引方法があります。こちらは、自分の資産を担保に最高3倍までのレバレッジをかけて取引ができるというものです。(関連記事:信用取引とその特徴)私は、信用取引はやるべきでないと考えております。その理由をこれから紹介します...

≫続きを読む

長期投資初心者に足りないのは失敗経験!さあ、メガネスーパーの株式を購入しましょう...

戦略的失敗 ※追記(2017/11/18)2017年11月1日メガネスーパーはビジョナリーホールディングスの完全子会社となりました。メガネスーパーは最強株主優待株!?で書いているのですが、私はメガネスーパーの株を100株保有しています。理由としては、ただ単純にメガネスーパーの株主優待が欲しかったからです。しかし...

≫続きを読む

株のアナリストの言葉なんか信用すると一生投資で成功しない

株のアナリスト 株を始める際、情報をどういったものから得ればいいのか分からなくて、株のアナリストの言葉を参考にするという方がいるかもしれません。彼らは株に関する知識が豊富で様々な観点から「この株は買いだ!」「この株は売りだ!」ということを言っています。株の知識がないと自信満々に語る彼らをついつい信用し、それに乗っか...

≫続きを読む

投資判断は不連続でなければならない

ドミノ 株価というものは「チャート」があるくらいですから、ある程度「連続性」を持ったものです。連続性というと分かりづらい言葉を使ってしまっていますが、簡単に言うと500円だった株価がいきなり1000円になったりすることはなく、510円→520円→540円というように流れがあるということです。流れがあるから、...

≫続きを読む

ハイテク株やIT関連株に投資をしてはいけない?バフェットの投資から見るハイテク株...

ハイテク 投資の神様ウォーレン・バフェットはハイテク株が嫌いと言われています。1990年末から2000年初頭にかけて、世の中はITバブルに浮かれていました。IT技術の発展に伴いどんどんIT企業の株価が上昇していった時代だったわけですね。バフェットはそんな中でもかたくなにハイテク株やIT関連株に投資をしませんで...

≫続きを読む

株式投資は日経平均に投資しているのではなく、企業に投資をしている

家 お金 よく日本の経済を悲観して、「日本はもう終わりだ。日本に投資先としての魅力はまったくない」なんて言う人がいます。私も確かに日本の経済が停滞しているというのはその通りなのかなと思います。例えばですが、財務省が消費税という制度を導入して消費意欲を奪いました。(関連記事:消費税の大罪)また、デフレ政策が経済...

≫続きを読む

投資信託をやるべきではない7つの理由

駄目な選択 皆さんは投資信託をやっていますか?最近はつみたてNISAなんてものも始まり、銀行金利が上がらないこんな時代ですから投資信託に目を向ける方も多くいるのではないでしょうか?私は株投資を始めて5年ほどが経とうとしていますが、そんな私に言わせると投資信託はメリットが少ないです。本気で資産の運用を考えているの...

≫続きを読む

長期投資家の私が仮想通貨投資をやらない5つの理由

仮想通貨爆上げ 2017年は仮想通貨が瀑上げしましたね。特にビットコインは1年で10倍以上になるというなんとも羨ましいことが起きました。私も一応投資家の端くれですから、仮想通貨に関しては2015年位から興味を抱いていました。(情報遅いけど笑)仮想通貨関連の本は3冊ほど読みました。仮想通貨投資の本というよりも仮想通貨...

≫続きを読む