長期投資は投資家にとっても日本にとっても税金メリットが大きい

長期投資は投資家にとっても日本にとっても税金メリットが大きい

長期投資は投資家にとっても日本にとっても税金メリットが大きい

お金の家
世界一の投資家ウォーレンバフェットは投資の神様と言われています。
それは、彼が長期投資で莫大な利益を生みだし世界富豪ランキングでも常にトップを維持していることからも妥当な称号でしょう。

 

何故そんなに長期投資というものは利益が出るのでしょうか?

 

その理由として挙げられるのは、第一にコストの面で長期であればあるほど、手数料が安くなるからです。
(関連記事:長期投資で発生するコスト)

 

第二に長期投資は複利効果の恩恵がでかいということが挙げられます。
(関連記事:長期投資による複利効果の恩恵を受けるべし!)

 

今回は、長期投資によって支払う税金がどのようになるかを考えてみましょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

長期投資の税金メリット

長期投資の税金メリットを検証する為、長期投資と中期投資の比較をしてみましょう。
比較条件は以下のように設定します。

 

  1. 600万円から投資開始
  2. 税金がなければ良いと思うなら、NISAを素晴らしいと思うはず【NISAとは?】でNISA枠いっぱいの600万円で検証しているので同様に600万円からスタートします。

     

  3. 株価は毎年20%値上がりし、複利効果を受けるものとする
  4. 毎年20%くらいで業績が伸びるような優良株に投資したものと思ってください(笑)

     

  5. 長期投資は最終利益に税金がかかり、中期投資は毎年税金がかかる
  6. 今回は税金のメリットを検証する為、NISAに関しては忘れて下さい。
    現在の投資に関する税金は、利益に対して20.315%かかることになっています。
    税金は株式を売った時点で初めてかかります。
    長期投資は20年間運用したのち売却するものとします。つまり、20年後に一気に利益に対して税金がかかります。
    中期投資は毎年売却し購入しなおすものとします。つまり、毎年発生した利益に対して税金がかかります。

  7. 売買手数料は無視する
  8. 話を分かりやすくする為、売買手数料は無視します。本当は中期投資の方が売買回数が多い為、売買手数料がたくさんかかり利益が落ちます。

 

 

さぁ、上記条件で設定した場合の税金や最終資産は以下の図や表のようになります。

 

長期投資,中期投資,税金

 

 

長期投資では600万円だった資産が20年の運用によって1憶8452万円になっているのに対し、中期投資では同様の600万円の資産が20年の運用によって1憶1550万円になっています。
つまり長期投資の方が20年後、6902万円資産が多くなっています。
なるべく長く運用して、最後にボンと税金を払った方が資産は増えるということですね。

 

そして、面白いのが払っている税金も長期投資の方が多いという点です。
長期投資は4551万円を20年間で払っているのに対し、中期投資は2791万円を20年間で払っています。
これは長期投資の資産額の方が複利効果により高い増加率になっているので、その分払う税金も多くなるのです。

 

 

これってとても素晴らしいことだと思いませんか?
長期投資は自分の資産も増えて、税金を払う額も多くなるのです。
まさに投資家と日本政府でWIN-WINの関係が築かれています。

 

上記結果のように、税金面で見ると投資期間は長ければ長いほど投資家にとってもさらに言えば国にとっても良い結果となることが分かりました。
こういったことがウォーレンバフェットがお金持ちになっていった秘密なんですね。

 

私達も1〜2年で売るなんてケチなことせず、もっと長期的な視点で考えるようにしましょう!!

 

もちろん、非課税の投資であるNISA口座を利用する場合は、違う戦略をとることもできます。
NISAは非課税なので、売買したところで税金は発生しません。
ということは、より高成長が見込めるような企業があった場合、毎年企業を変更するというスタンスをとることもありといえばありです。

 

私はそんな戦略あまりやりたくありませんけどね笑

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

長期投資で発生するコスト

電卓とお金 株式投資をやるうえで気をつけなくてはいけないことは何でしょうか?まずはとにもかくにも株価が上昇する株を選ぶということが大事です。株価が上昇しなければ利益を得ようと思っても得ることができませんからね。(関連記事:独断おすすめ株)一応、空売りという値下がりするときでも利益を得ることができる方法はあります...

≫続きを読む

長期投資による複利効果の恩恵を受けるべし!

複利 長期投資で発生するコストでは、長期投資のメリットは手数料の安さと複利効果にあるということを述べました。手数料のメリットに関しては上記記事で紹介させていただいたので、今回は複利効果という長期投資メリットについてお話しさせていただこうと思います。長期投資で複利効果の恩恵を受けようそもそも複利効果でいう複...

≫続きを読む

所得税や住民税がなければ良いと思うなら、NISAを素晴らしいと思うはず【NISA...

TAX 普通の社会人は働いて税金を納めています。給与明細に書かれている所得税や住民税といったものが税金として徴収されています。税金って日本という国を運営していく上で必要なものというのは分かっているのですが、「税金がなければな〜」とは思いますよね。私は現在ニートですが、働いていたときは所得税と住民税を合わせて...

≫続きを読む

NISAの注意点

注意 長期投資で発生するコストや税金がなければ良いと思うなら、NISAを素晴らしいと思うはず【NISAとは?】で説明しましたが、NISAの最大のメリットは株の運用によって得られた利益が非課税になるということでした。このメリットはかなり大きく、ほとんどの人にとって、活用するべきものとなっています。では、逆に...

≫続きを読む

NISAのロールオーバー制度が2018年より改善!

つくし 2014年より始まった少額投資非課税制度のNISA。株式投資をしている人にとってはデメリットよりもメリットが際立つ素晴らしい制度となっており、NISAをきっかけに投資を始めたという人もいるのではないでしょうか?ただ、NISAの開始当初は個人投資家のマネーを長期投資として呼び込もうとしているにも関わら...

≫続きを読む

長期投資は投資家にとっても日本にとっても税金メリットが大きい

お金の家 世界一の投資家ウォーレンバフェットは投資の神様と言われています。それは、彼が長期投資で莫大な利益を生みだし世界富豪ランキングでも常にトップを維持していることからも妥当な称号でしょう。何故そんなに長期投資というものは利益が出るのでしょうか?その理由として挙げられるのは、第一にコストの面で長期であればあ...

≫続きを読む

【長期投資メリットまとめ】私が株式投資をして良かったと思う8つのこと

新聞とパソコン 私は社会人になってから株式投資を始めました。今のところは大した失敗もなく上手くやれていると思っています。今回は、私が株式投資をしてよかったと思うことをまとめてみましたのでご覧ください。良かったと思うこととは株式投資のメリットでもあるので、メリットの確認の意味でも参考になると思います。長期投資をして良...

≫続きを読む