abemaTVは伸びるのか!?サイバーエージェントは買い?

abemaTVは伸びるのか!?サイバーエージェントは買い?

abemaTVは伸びるのか!?サイバーエージェントは買い?

最近、とても買うかどうかを悩んでいる株があります。
それはabemaTV(アベマTV)やamebaブログ(アメーバブログ)で有名な「サイバーエージェント」です。
→サイバーエージェントの公式ホームページはこちら

 

最近はabemaTVの「亀田興毅に勝ったら1000万円」というチャレンジ企画の配信においてかなりアクセスが集中したらしく、サーバーがダウンするというトラブルが起きました。
1300万人もアクセスが集中したというのですからすごいものです。視聴率にすると10%を超えるわけですもんね。

 

サイバーエージェントはセグメント別に見てみると、abemaTV以外の活動では優秀な業績を出しているので、今後のサイバーエージェントの業績を左右するのはabemaTVだといっても過言ではないでしょう。
そういうわけで現在の地デジ放送やyoutube、ニコニコ動画といったネット配信事業の優位点、問題点を考え、それを踏まえた上でabemaTVが今後伸びていくのかどうかを考えてみました。

 

 

Sponsored Link

 

 

地デジ放送の優位点と問題点

まずは、地デジ配信と言われるいわゆる普通のテレビについて考えてみましょう。

 

 

地デジの優位点

優位点1:ボタン1つで見ることができる

これはかなりでかいメリットではないでしょうか?テレビはボタン一つで見ることができるというお手軽さがあります。
朝起きたとき、仕事や学校から帰ってきたとき、別に何を見ようと決めていなかったとしてもなんとなくテレビをつけるなんて方も多いと思います。中には、家にいる間はとりあえずTVをつけているなんて方もいます。

 

これがネットとなるとそうはいきません。スイッチを押してから1分ほどパソコンが立ち上がるのを待ち、ブラウザをダブルクリックしてお気に入りを押して、youtubeを開いて・・・なんてやらなくてはいけないのです。

 

 

 

優位点2:電波で見ることができる

電波放送というのもかなり大きなメリットですね。ネットの場合は通信で配信するため、その通信に耐えられるだけのサーバーを用意しなければなりません。
サーバーはアクセスが有るであろうマックスを考えなくてはいけませんからね。今回amebaTVでは1300万というアクセスが有ったため、1300万人以上に耐えるようなサーバーを用意しなくてはいけなくなりました。
動画の通信量というものはかなりのものなので、サーバーの運営費だけでもかなりのコストが掛かることでしょう。

 

しかし、電波であればそういったコストが全く掛かりません。

 

 

 

優位点3:歴史がある

歴史があるというのはスポンサーからしてみるとかなり大事な点です。歴史があるということは信用につながるわけですから、その信用によってお金をもらうことができるのです。
広告を出すということは、お金を先行投資してサービスなり商品なりをみんなに知ってもらい先行投資分を回収しなくてはなりません。なので、みんなが見るという確証がなければ、先行投資が回収できないわけですから企業としてもスポンサー費用を払うわけにはいきません。
その点、テレビというものは今までの歴史があり、自分たちも慣れ親しんできたメディアであるために、その配信力の高さは身をもって知っています。

 

 

 

 

地デジ放送の問題点

問題点1:収益モデルに疑問がある

現在のテレビの収益モデルというものは成り立っているのでしょうか?そこはかなりの疑問ですね。
スポンサーというものは何千万円というお金をかけて、CMの枠をとり広告を流すということをします。しかし、最近ではテレビ広告の費用というものは下がる一方です。
また、最近は視聴率低迷が叫ばれている上、みたい番組は録画して見るということも多いので、そうするとCMは早送りで飛ばされます。

 

その上、現在テレビを見る世代というのはどんどん高齢者になっていっています。私は高齢者が主で見ているテレビに対してゲームといった広告を出しているのはどうなのかなと思います。

 

10年以上前でしたらテレビというものは誰もが見ていたメディアでしたが、現在はそうではなくなっているために、テレビ業界の収益モデルというものは崩れつつあります。

 

 

 

問題点2:視聴者からお金を取れない

NHKは別ですが、民間の放送局というものは視聴者からお金を取るという収益モデルがありません。あくまでもスポンサーに頼り切りです。
収益を増やそうと思っても、CMを増やすくらいしか方法がないわけです。ただ、そうやって収益を増やそうとしてもスポンサーがお金を払わなくなったら話になりません。

 

 

 

問題点3:コンプライアンスがうるさい

テレビはとにかくコンプライアンスがうるさくなりました。面白いテレビに過激さというものはつきものなのですが、そういった放送が全くされなくなってしまったのは悲しいものです。
現在のテレビは料理番組だったり、ペット番組だったり、クイズ番組だったり、なんとも面白さがないですよね。

 

昔だったら個人の発言力というものが弱かったから無視しても良かったのでしょうけど、現在はツイッターといったSNSで簡単に発信できる時代です。人気が出るとアンチはどうしても出てしまうものなのに、そういったアンチにまで対応しなくてはいけないとなると、無難な放送しかできなくなってしまいますからね。
時代の変化する上で仕方がないのかもしれませんが、ちょっと残念です。

 

 

 

問題点4:決まった時間に見なくてはいけない

テレビは決まった時間に見なくてはいけないという煩わしさがあります。録画すればいいのでしょうが、録画するというのは忘れる可能性もありますし、そもそも面倒です。
そしてそのテレビをyoutubeにアップロードする人がいるということが分かっているのであれば、わざわざ録画なんかせず次の日にでもアップロードされた動画を見るわけです。そうすると、テレビとしてはせっかくの視聴率から生まれるはずの広告費がyoutubeやコンテンツを盗んだアップロード者へ盗られてしまうのです。

 

 

 

 

youtubeやニコニコ動画の優位点や問題点

次に既存のネット動画配信事業を行っているyoutubeやニコニコ動画についてを考えてみましょう。

 

既存のネット配信事業の優位点

優位点1:コンテンツを自社で作らない

動画配信サイトの最大のメリットはコンテンツを自社で作らなくてよいという部分にあるのではないでしょうか?
プラットフォームだけを用意すればいいのです。すると、利益を求めたアップローダーたちがコゾって動画をアップしていきます。その中には1つの動画で何百万という再生数を誇るような優秀な配信者もいれば、百再生にも満たない残念な配信者もいることでしょう。
テレビ企業であれば、そういったコンテンツ作成者をみんなまとめて雇うということが必要なわけですが、youtubeやニコニコ動画のようなプラットフォーマーは優秀な配信者にだけお金を払えばいいという仕組みになっています。それに、相手の出来高に対して広告費を払うことができるので損をすることがないですし、なんだったら利益の比率も自由自在に変えることができます。
そういったことから、テレビと比較すると利益の出やすい体質と言えそうです。

 

 

 

優位点2:ライブ配信者とやりとりができる

youtubeやニコニコ動画では、ライブ放送やニコニコ生放送といったリアルタイムでの放送ができます。
そういった放送では動画配信者と視聴者がコメントでやり取りができるので、テレビのような一方的な受け身の放送ではなく、自分が参加するという新たな楽しみ方を提供しています。

 

また、有名な人とやり取りができるというのも楽しいですよね。

 

 

 

優位点3:視聴者からもお金が取れる

ビジネスモデルとして、ネット動画配信事業はテレビよりも多様性を持っているといえます。
例えば、ニコニコ動画は視聴者からお金を取るというビジネスモデルを持っています。また、動画の関連商品を紹介して、そのアフィリエイト収益を得るということもしていますね。
これも結構面白くて、ペプシのCMまとめ動画とかでコカコーラの商品たちが並ぶというユーモアがあったりします笑。遊び心があって買いたくなりますよね笑

 

ニコニコ動画は無料で視聴している人たちを有料会員へするために、面白い試みをしています。時報なんてその最たるものですよね。0:00になったら動画視聴中に勝手に時報が鳴ってしまうのです。うるさいったらありゃしないです笑
また、生放送視聴中には視聴者が多いと追い出されるといったことが多々あります。せっかく楽しみにしていた放送を見れなくなるわけですね。
このように無料会員には不便さをプラスして有料会員へ導こうとしているわけですね。

 

 

優位点4:社会的責任がテレビより低い

社会的責任がテレビより低いという点では面白いコンテンツが生まれやすいような環境にあるといえます。
最近ではこういったネット配信者から始めた人たちがテレビへ活動の場を移していくということもよくあることです。

 

チェンソーで配達業者を脅すなんて馬鹿な動画を上げる人たちも出てしまったりしますが、その責任は動画をアップロードした人に向かっています。プラットフォーマーにはそこまで現在のところ風向きは強くない環境といえます。

 

 

 

 

既存のネット配信事業の問題点

問題点1:サーバー代がかかる

テレビは電波で放送しているのでサーバーといったものが必要ないですが、ネット配信では快適な視聴を提供するために、どうしてもサーバーの能力を高いものにする必要があります。
その費用は年間で考えるとかなりのものとなります。

 

 

 

問題点2:アップロード者を管理できない

youtubeやニコニコ動画は社会的責任が低いとは言っても、まったくないわけではありません。著作権に関わるようなものを配信しているアップロード者に対して、プラットフォームを提供している以上対応をしなくてはなりません。
しかし、違法なアップロード者は社員ではないので対応にはちょっと困ることでしょう。

 

どんどんアカウントを削除していけばいいのかもしれませんが、テレビで見逃した作品をyoutubeやニコニコ動画で見たいという人が多いのも確かです。ある程度の視聴数が見込めるのでそういったものを完全に削除してしまうと折角の収益が減ってしまうというのも本音です。

 

また、youtubeではアルゴリズムでパクリ動画を削除することができるようですが、そういったものを回避するキャプチャーインキャプチャーといった処理を施した動画も増えてきています。そういった問題とも戦っていかなくてはいけません。

 

他にも最近東京03というお笑い芸人の公式youtubeチャンネルが違法アップロード者に削除申請を出されて、アカウントが削除されたという珍事も起こりました。中々管理も大変ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

abemaTVの特徴

さて、上述したようなことを踏まえつつ、abemaTVの収益という面から見た特徴を考えてみましょう。

 

特徴1:自社でコンテンツを作成している

abemaTVは自社でコンテンツを作成している放送も多いです。
冒頭で紹介した「亀田興毅に勝ったら1000万円」だったり、毎週放送している「おぎやはぎのブステレビ」だったり、テレビよりは編集に力が入っていないものが多いですが、そうはいってもスタジオを用意したり、必要な機材を揃えたり、企画を立てたりと既存のネット配信事業とは似て非なるものと言えるでしょう。
youtubeやニコニコ動画のようなプラットフォームではないわけですね。なので、そこにかかるコストは膨大です。2016年度決算でも200億円の赤字を叩き出しています。

 

そう考えると、既存のものと比較して劣っているように思われますが、そんなことはないと私は思っています。収益が伸びれば伸びるほどメリットが出てきます。
なぜならば、利益はそのままサイバーエージェントに入るようになっているからです。youtubeやニコニコ動画では企業から貰った広告収入から、ある割合をアップロード者へ還元する仕組みを取っています。

 

しかし、abemaTVは自社でコンテンツを作成しているので、費用を引いた残りの部分はすべて自社のものとなります。先行投資費用は大きくなってしまいますが、メディアとして成長すればするほど儲けの大きいものとなるでしょう。

 

 

特徴2:コンテンツが蓄積される

テレビと異なり、コンテンツがどんどん蓄積されていくというのもかなりのメリットではないでしょうか?
(テレビも蓄積されていないわけではありませんが、限られた放送枠の中で、コンテンツが蓄積していってもあまり意味がありません)

 

そのコンテンツを再放送するなり、有料会員にのみ視聴可能にするなり自由にコンテンツを扱えます。
また、過去の作品を有料会員に見せるといった場合でも、その放送に広告を貼ることもできるので、一つのコンテンツから何回も収益を生むことができます。

 

特徴3:有料会員は月額960円

abemaTVは有料会員から月額960円という会費を徴収しています。
一度見逃したものをいつでも好きなときに見たいという人にとっては、ビデオ屋でレンタルするより手軽でいいのかもしれません。
仮にニコニコ動画と同程度の有料会員が見込めたとする(ニコニコ動画のプレミアム会員数は約250万人)と、それだけで300億円の売上となります。
もちろんニコニコ動画はそこそこの歴史の中で育ってきたメディアなので、250万人という数字は今のところ現実的ではない数値なのですが、夢のある数値ですよね。

 

さらにスポンサー費用が入るんですからウハウハですよね。ネット上での広告となれば、テレビでの広告と異なりクリックして興味を持った人だけにお金を払えばいいという、スポンサーにとっても費用対効果の高い広告を打てますし、巨額の広告費から始めなくていいので、やりやすいといったことから中小企業もスポンサーとしてつきやすいでしょう。

 

現在のサイバーエージェントの売上が3500億円前後とかなり大きい規模ですが、日本テレビが4,000億円規模、ニコニコ動画が2,000億円規模、youtubeは不明(探したけど信憑性のない数値ばかり、決算書でも日本の数値なし)ということを踏まえ、さらにこれから動画配信サービスの市場規模が大きくなっていくことを考えると、さらなる飛躍が見込めそうです。

 

 

 

abemaTVの課題

abemaTVの課題としては細かいことを言えばたくさんあるのでしょうけど、私は今のところ一つに注力すればいいと思っています。
それは魅力的なコンテンツを提供すること!

 

魅力的なコンテンツを生み出す能力があれば、あとはどうにでもなるのではないでしょうか?
今のところ、テレビどころかyoutuberにも勝てていないような気がします。
視聴数ランキングを見てみると、そこそこ視聴回数が多いものとして野球やニュースがありますが、それらはテレビでいい気がします(笑)
自社開発コンテンツで視聴回数が多かったものは亀田興毅の企画くらいなのではないでしょうか?

 

これから、私自身が毎回見たいと思えるような魅力的なコンテンツが配信されるようになった場合、改めてサイバーエージェントの株を購入するのかどうか検討しようと思いました。

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

「VALU」を長期投資家目線で考えてみた

VALU →「VALU」公式ホームページはこちらまたまた面白いサービスが出てきましたね。その名も、個人が上場できるサービス「VALU」です。上場というくらいですから、株に似たようなものと捉えると「VALU」のサービスは理解しやすいですね。今回はこの「VALU」というサービスを紹介しつつ、投資対象としてどうなの...

≫続きを読む

タカタのマネーゲームが始まる?

交通事故 エアバッグ大手企業のタカタが窮地に追い込まれていますね。民事再生法の適用を東京地裁に申請する方向で準備に入ったとの報道があり、株価が2日連続でストップ安となりました。タカタとしては決定した事実はないとしているのですが、火のないところに煙は立たないと考えると、報道機関がどこかからその情報を掴んできた可...

≫続きを読む

NISA口座が変更可能に!手数料のかからない口座へ変更しましょう!

マイナンバー 2017年9月末までにマイナンバーを登録しないとNISA口座がなくなってしまうので、最近マイナンバー登録を行いました。(まだ登録を行っていない方は早めに登録を行いましょう。証券会社のスマホアプリで3分もかからず登録できました)このマイナンバー登録をする上でちょっと思ったのですが、「もしかしてマイナン...

≫続きを読む

abemaTVは伸びるのか!?サイバーエージェントは買い?

abemaTV 最近、とても買うかどうかを悩んでいる株があります。それはabemaTV(アベマTV)やamebaブログ(アメーバブログ)で有名な「サイバーエージェント」です。→サイバーエージェントの公式ホームページはこちら最近はabemaTVの「亀田興毅に勝ったら1000万円」というチャレンジ企画の配信においてかな...

≫続きを読む

穐田誉輝さんに婚外子で株価下落中!穐田銘柄買い時か?

女優の菊川怜さんが穐田誉輝さんと結婚したということで、穐田さんの名前がかなり有名になりました。特に投資をしていない人からしたら、穐田さんの名前を知る機会はないと思いますが、投資家で彼を知らなかったらもぐりですよね(笑)なんせ、あの価格比較サイト「カカクコム」を急成長させた張本人です。また、クックパッ...

≫続きを読む

文在寅が韓国新大統領に正式決定!これから韓国はどうなる?

当初の予想通りというか下馬評通り、韓国の新大統領は文在寅に決定しました。文在寅は生粋の反日家であることは以前の記事で取り上げました(笑)(関連記事:韓国新大統領就任により日韓関係悪化?日本経済への影響は?)安倍総理もすぐ文在寅にお祝いのコメントを送ったようです。「北朝鮮問題への対応をはじめ、日韓両国...

≫続きを読む

バフェットが失敗を認めた!?その敗因は?

バフェット 投資の神様、ウォーレン・バフェットが「IBMへの投資は失敗だった」ということを認めたそうですね。(参考ニュース(海外サイト):Buffett Says His IBM Thesis Was Flawed, He Blew It on Google)投資の神様でも失敗するというのは感慨深いですね。しか...

≫続きを読む

賞与支給額トップはFX取引企業であるヒロセ通商の563.9万円!!高すぎだろ!!

ヒロセ通商 ニュースで知りたくない現実を知ってしまいました・・最新!これが「賞与が多い」トップ500社だ。1位はなんと563万円、建設系の躍進目立つ2016年の賞与が多かった企業を調べると、一位はヒロセ通商という会社の563.9万円らしいです・・賞与が563万円!?うらやましすぎる(´・ω・`)私がちゃんと働い...

≫続きを読む

韓国新大統領就任により日韓関係悪化?日本経済への影響は?

文在寅 現在韓国は激動の渦中にいますね。北朝鮮のミサイル実験への抑止力としてアメリカの最新迎撃ミサイルシステムTHAAD(サード)を配備することで中国から不買運動等発生し、日中関係が悪化しています。そういったことを解決に導くことが大統領の仕事の一つなのでしょうけど、その朴槿恵(パククネ)大統領はというと、友...

≫続きを読む

ニュース(世の中)は大局観を持って見るべき

最近、森友学園問題に関するニュースがすごい多いですね。私も最初はよく分からなかったので、ニュースサイトを見たりしてどんな内容なのか調べたりしました。しかし、調べてくると本当にどうでもいい内容だと思いました笑なんでみんな森友学園問題が好きなんですか?私には全然理解できません。朝日新聞とかの社説でも週3...

≫続きを読む

【読売ICTフォーラム2017】AIをビジネスにしている人たちの話【AIの未来】

Hくん この記事は、私が参加した講演「読売ICTフォーラム2017」の内容や感想を書いた後編記事となります。(→羽生善治3冠の講演内容を書いた前編記事はこちら)NTT社長と羽生善治3冠の講演の後は、羽生さん、ABEJA社長の岡田さん、日立製作所人工知能ラボラトリ長の矢野さん、、品川女子学院校長の漆さんの4人...

≫続きを読む

【読売ICTフォーラム2017】羽生善治三冠とNTT社長の講演を聞きました【AI...

羽生善治 読売ICTフォーラム2017という講演会のチケットが当たりました!そういうわけで、3/9にルンルンで聞きに行きました。なぜルンルンか?なんと、将棋3冠の羽生さんが講演して下さるんです!!私事ですが、子供の頃は将棋でよく遊んだので、羽生さんって私のスーパースターなんですよね(^○^)今回は、ただ羽生さ...

≫続きを読む

トランプと安倍首相【日米首脳会談】

トランプ 安倍総理 首脳会談 10〜11日の二日にかけて行われたトランプ大統領と安倍総理の首脳会談が終わりましたね。首脳会談のポイントとしては、トランプと安倍総理がどれだけ仲良くなれるか?日本とアメリカは今後どう付き合っていくのか?だったと思います。そして、私が感じたのは、かなり良好な関係を築け、アメリカの成長に日本も相乗りでき...

≫続きを読む

トランプ大統領の評価と株価の矛盾

トランプ 就任演説 トランプ大統領の就任演説が2017/1/20に行われました。その様子を遅れながらも見させていただきました。英語は分からないので、日本語版で・・(汗)トランプ大統領の主張は、以下の2つで、具体策というよりは大きなビジョンを説明していました。アメリカ第一主義この主張が一番強かったですね。「失われてしまっ...

≫続きを読む

トランプリスクとは何なのか?

本日トランプ大統領が誕生しましたwwwまさか本当になるとは・・今日の日経平均や為替の下がり方尋常ではなかったですね。アメリカ人はギャグで投票しているのか、それとも本当に貧富の格差とかの不満が爆発して、どうにか現状打破できるようなトランプ氏を選んだのか・・日本に引きこもっている私には本当のところがわか...

≫続きを読む

訪日観光客減少し続けるのか?

ついに訪日外国人が前年比で減少したみたいですね・・訪日客「爆買い」変調鮮明に 7〜9月旅行消費額、4年9カ月ぶり減少円高が年始からだいぶ進行しているのに、訪日外国人はずっと増えていたので、そんなもんなの?と傍観していましたが・・半年くらいのタイムラグがあるんですね。これから円高に振れるのか、円安に振...

≫続きを読む

インパクト投資の魅力

先日、テレビでインパクト投資というものを初めて知りました。面白いと思い、ちょっと調べてみたので、ここで説明してみたいと思います。(社会的)インパクト投資とは、従来の投資信託と慈善事業が合体した、ハイブリッド型投資ということができます。(従来型)投資信託というのは、利益のみ(言い方は悪いかもしれません...

≫続きを読む

日本の借金が増え続けているけど、日本の将来どうなるの?

池上彰のニュースそうだったのか!!を見ました。池上彰さんの解説ってホント分かりやすいですよね。すごい勉強になるし、あの分かりやすい説明力は憧れも持ちます(笑)3時間のテレビの中で、国の借金についても説明していましたね。なんと、国の借金は一秒で70万も増える計算になるそうです!驚異的数字ですね。。どん...

≫続きを読む