ストレスが溜まる社会では給与以外の副収入を持て

ストレスが溜まる社会では給与以外の副収入を持て

ストレスが溜まる社会では給与以外の副収入を持て

給与
あなたは日ごろストレスを感じていますか?現代社会では働いても働いても給与が上がらず、仕事や人間関係ばかりがどんどん大変になってきました。
そしてその仕事のストレスが増加するにつれ、うつ病といった病によって生活に支障をきたす人も増えてきています。ひどい人になるとストレスが原因で自殺してしまうなんて人もいます。

 

今あなたの生活は大丈夫だとしても、あなたにはこれから結婚したり、子供ができたり、子供が成長して私立の学校に通ったり、転勤したりといった生活の変化が訪れます。
そんな中で、もうこの場所で働いても駄目だと思い悩んでしまうかもしれません。

 

そういったときの保険としても長期投資といった給与以外の所得を得る努力をするということをおすすめします。

 

 

Sponsored Link

 

 

生命保険なんかよりも生きにくい世の中に保険をかけろ!

生命保険の加入率は全体で80%程度あるそうです。殆どの方は恐らく加入していることでしょう。
しかし、私からするとそんな生命保険なんかよりも生きにくい世の中に保険をかけるべきだと思っています。
どういうことか説明しましょう。

 

日本人の死因の50%程度を占めるものは三大疾病である悪性新生物(ガン)・急性心筋梗塞・脳卒中であると言われています。
それを恐れて、皆さんは保険が必要であると考えているわけですよね。

 

しかし、そもそもそういったものの原因って何なのでしょう?
それは生活習慣やストレスが原因である場合がほとんどと言われています。
もちろん遺伝という場合もありますが、それらの病気はほとんど日常の偏った食生活だったり仕事のストレスに起因しているのです。

 

ということは、そういった生活習慣を改善したりストレスを取り除くことができれば、三大疾病を予防できるということになります
しかし、殆どの人は病気になった場合を考えて保険に入りはするものの、病気を予防しようとする意識はほとんどありません。病気になったことを考えるよりも病気にならないことを考えた方がよっぽど合理的なのです。

 

生活習慣がおかしかったり、ストレスが溜まってしまう原因ってなんなのでしょう?
それはほとんど仕事からきています。

 

働いてもお金が余り手に入らないから、更に働いて睡眠時間も足りなくなりストレスが溜まってしまいます。
お金があまりないから健康に気を使ったようなヘルシーなものをあまり食べずに溺愛の揚げ物のようなお惣菜ばかり食べたりしてしまいます。

 

そういった生活から解放されるには、定時に帰って自由時間を多く作ったり、収入を多くして健康にもお金を使うようにする必要があるのです。
ただ、もちろん定時に帰ったら残業代がなくなり収入が減ってしまいます。

 

そこで、副収入を得る努力をするのです!!

 

 

 

副収入を得ていれば、仕事をいつでも辞めるという選択肢を選べてストレスが減る

本業がサラリーマンである場合、副収入は不労所得であると楽です。
不労所得とは、働かなくても得ることができる所得(収入)のことです。例えば著作権のあるものでしたり、本の印税といったものが該当します。

 

私の場合は長期株式投資とアフィリエイトによる不労所得を得ています。
(関連記事:長期投資家がブログを書くべき6つの理由)

 

とりわけ、働きながら得る不労所得としては長期株式投資をおすすめします。
長期株式投資はどのような株に投資すればいいかという勉強は必要かもしれませんが、手間は本当にかかりません。なんせ安くなるのを待って買えばいいだけですから(^^)
私の株の売買回数なんて、年に十数回です。たったそれだけで年間で100万円ほどの利益が出ているのです。

 

そして、株が安くなるのを待っている間(購入した株が高値になるまでの間)に本業であるサラリーマンとしての仕事をしてください。そうすれば勝手に株が利益を出すようになるでしょう。

 

 

 

よくサラリーマンが副収入を得る方法として不動産投資を選ぶ人がいますが、私からするとその選択は結構疑問です。
初期費用が高いし売りづらいし、リスクは断然不動産投資よりも株式投資の方が低いです。
(関連記事:不動産投資は株式投資より優れている?)

 

 

私も今はニートなのですが、前の会社を辞めた理由の1つとして人間関係が嫌だったというのがあります。
「どの会社へ行っても一緒だ」なんてことを言う人もいますが、そのまま働いているよりかは辞めて別の会社を探した方が改善する可能性が高くなります。

 

将来性も期待できないし、人間関係も良くないとなれば、会社を辞めてなんの不都合があるのでしょうか?不都合はないはずなんです。
それなのに同じ会社で一生働いて会社に忠誠を誓うという今までの日本の価値観や美徳というものが邪魔をして、あまり転職にいいイメージを抱かない人も多いですよね。

 

しかし、自分の体を壊してまで同じ会社で働き続ける必要は絶対にありません。あなたの精神や体の健康が第一です。
そして、その健康を守るためには会社を辞めるという選択も常に頭に入れておくべきです。
しかし、そうはいっても会社を辞めるというのはやはりリスクの高いものです。収入が下がるかもしれませんし、もしかしたらしばらく雇ってもらえない可能性もあります。
そのリスクを低減するために長期株式投資といったもので副収入を得ておく必要があるのです。

 

 

副収入があるという精神的余裕が人間関係の負担を軽くする

副収入があり、いつでも会社を辞めてもいいという状態であると、人間関係における負担が軽くなったり、強気に出ることができます。

 

例えば出世のために行きたくもない飲み会に行くということをサラリーマンであれば一度は経験していることでしょう。別に副収入があり、経済的余裕があるのでしたらそんな人間関係を切ってしまうという選択肢も浮かんできます。
上司が帰っていないから帰れないという状態のときだって帰るという選択肢が浮かんできます。

 

副収入があるのであればいくつか実際にやってみてはいかがでしょうか?「飲みに誘ってもあいつは来ない」だったり「上司が帰っていなくてもあいつは帰るやつだ」という認識をみんなにしてもらえればとても負担が減りますよね。

 

もしかしたら嫌がらせを受ける可能性もゼロではありません。しかし、その嫌がらせがひどいようなら会社を辞めるという選択肢も選べるので、別に気にする必要はありません(笑)

 

逆に今まで人間関係を気にして、胸の中に押さえ込んでいた発言を自由にできることで、仕事がうまく回り始めることもあります。
いつでも会社を辞めることができるという精神状態はいい方へ転ぶ可能性も十分にあるのです。

 

 

 

 

是非とも皆さんも長期株式投資をやって副収入(不労所得)を得るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

そもそも株式って何?

投資 ニュースを見ていると「今日の日経平均株価は・・」とか「株価急落」とか株に関する様々な情報が流れてきます。我々投資家が「株」と言っているものは正確には株式や証券、有価証券と呼ばれます(ここでは株や株式と呼ばせていただきます)。この株式とはそもそもなんなのでしょう?今回は投資の基本中の基本のお話です。会...

≫続きを読む

投資とはお金を貸しているのではなく会社を買う行為である(融資と投資による資金調達...

投資、融資 そもそも株式って何?では資金を調達する手段として、銀行から借りる融資と株式発行により調達する投資があるということを説明しました。私は経済を全然知らないまま社会人になってしまったために、「投資とは会社にお金を貸している」という勘違いをしていたのですがそんな方はいませんか?(私だけですかね?笑)融資と投...

≫続きを読む

長期株式投資をギャンブルと思っている人は株式会社で働くな!

ギャンブル 資産を預金として眠らせる人の多くは、株式投資というものは怖いギャンブルであると誤解しているのではないでしょうか?日本人が投資といったことを恐れ、さらに銀行預金が低いということからか、日本のタンス預金の額は78兆円にも上るそうです。(参考:ついに「タンス預金」が78兆円に!詐欺や空き巣に注意)まずひと...

≫続きを読む

あなたの預金はどんどん減っている?

空の財布 株式投資はギャンブルとはまた別モノだということは株式投資はギャンブルじゃないで述べました。しかしそれでも預金信者は以下のように考えているはずです。株というものは危険だ、リスクが高い。そんな危険を冒さず、ノーリスクの預金が結局は安全だ。しかし、預金がノーリスクだというのは全くの幻想です。数字のマジック...

≫続きを読む

投資に興味を持ったならとりあえず始めてみるべき

一歩 投資や副業に限らず、これからサラリーマンとしてではなく自分でお金を稼ごうとしている人たちへ言いたいことがあります。とにかくつべこべ言わずやってみて下さい!私は悩んでいる時間というのはとても勿体ないものだと思っています。結婚とかの今後の人生を左右するようなリスクの高いことで悩んでいるということであれば...

≫続きを読む

株で失敗すると多額の借金が残る?

空売り 株についての知識が全くない人は、株で失敗すると多額の借金が残り、家庭を壊すということを思っている方もいると思います。なんせ、私がそうでした笑しかし普通に投資をする分には、借金なんて事態にはなりません。今回は株で失敗すると多額の借金が残るという誤解を解こうと思います。なぜ株の失敗=借金というイメージが...

≫続きを読む

株式投資とはつまり所有権の売買

名刺交換 私は投資を始めたての頃、株式投資で払った金額というものは企業にお金を貸しているというように思っていました。今回は私と同じような人の為に、株式投資とはただ株の所有権を売買しているだけの話であるという話をしようと思います。上場した企業の株は自由に売買できるようになる事業主としては運営資金を集める為に株式...

≫続きを読む

日本は長期投資先として魅力がない?

日本 長期投資をする際、よく聞く批判として日本は投資先として魅力がないというものがあります。現在は少子高齢化も進行していて、日本は借金ばかりしているので、日本国民の一人当たりの借金は900万円弱にも上るなんて話は一度はニュース等で聞いたことがあるのではないでしょうか?そんな話を真に受けて、日本は財政破綻す...

≫続きを読む

不動産投資は株式投資より優れている?

マンション サラリーマンが投資を始めるというと、株式投資ではなく不動産投資を思い浮かべる方も多いと思います。結構不動産投資をやっている人も多いですし、かなり儲かったなんて話も良く聞きますし魅力的に映りますよね。私も最初投資をしようと思ったときは、投資を始めようと思っている方の入門書として有名なロバートキヨサキさ...

≫続きを読む

株は急落したものを買えば儲かる?

グラフ 私が株をやっているということを株の未経験者に話すと、彼らは決まって「株は急落したものを買えば儲かるんでしょ?」と聞いてきます。私はこの言葉を聞くと悲しくなります。やはりみんな株式投資を投機やギャンブルとしてとらえているのではないかと思ってしまうのです。急落した株がその後浮上しやすいのは確かです。株と...

≫続きを読む

ストレスが溜まる社会では給与以外の副収入を持て

給与 あなたは日ごろストレスを感じていますか?現代社会では働いても働いても給与が上がらず、仕事や人間関係ばかりがどんどん大変になってきました。そしてその仕事のストレスが増加するにつれ、うつ病といった病によって生活に支障をきたす人も増えてきています。ひどい人になるとストレスが原因で自殺してしまうなんて人もい...

≫続きを読む

自社株買いの株価が上がる仕組みとその罠

宝箱 株主への利益還元としてよく企業が実施する政策としては配当金を上昇するということと、自社株買い(自己株式の取得)があります。一般的には自社株買いを行うと株価が上昇します。しかし、なぜ上昇するのでしょうか?そもそも自社株買いとはどういうことなのでしょうか?今回は自社株買いについて書いていこうと思います。...

≫続きを読む

【金持ちだけが知ってる秘密】年収450万円以上の人は株式投資で稼ぐべき

百万円 皆さんは年収がどのくらいあるでしょうか?転職サイトによると、20代の平均年収は354万円、30代は467万円、40代で564万円のようです。(参考:DODA 年齢別平均年収2016)恐らくほとんどの人がたくさん給料が欲しいと思っているはずですが、どんどん給料を高くしていくというのも考えものです。何故...

≫続きを読む

投資資金100万円は1年で貯まる【100万貯まる考え方】

百万円 私は長期投資家です。私は長期投資をするには100万円を最低でも用意したいという考えを持っているということは別の記事で紹介しました。(関連記事:株式投資の資金はいくら準備するべき?)ただ、100万円という資金を私が最初から持っていたかというとそんなことはありません。私の家庭はそんな特別裕福というわけで...

≫続きを読む

投資必勝法が絶対に売られない理由

お金 倒れた男性 投資をしているとたくさんの投資必勝法というものを目にする機会があります。詳しい内容は投資必勝法を購入しないと手に入れることができません。大体数十万円で販売されていますが、「必勝法を知れば必勝法を購入した以上に儲けることができますよ」というのを謳い文句に販売しているわけですね。ただ、そういったものはほ...

≫続きを読む

ランダムウォーク理論を知れば投資信託のバカらしさが見えてくる

ビジネスマン, 人形 株は難しいものである運用のプロ(株の専門家)に任せれば高いパフォーマンスをあげられるこういった考えから、投資信託といった高い手数料をとるような金融商品を選択する人が数多くおります。確かにわざわざ難しそうな投資の勉強した上で、更に損をするようなことがあるくらいなら、多少の手数料を払ってでも、プロに資産...

≫続きを読む