投資資金100万円は1年で貯まる【100万貯まる考え方】

投資資金100万円は1年で貯まる【100万貯まる考え方】

投資資金100万円は1年で貯まる

百万円

 

私は長期投資家です。私は長期投資をするには100万円を最低でも用意したいという考えを持っているということは別の記事で紹介しました。
(関連記事:株式投資の資金はいくら準備するべき?

 

ただ、100万円という資金を私が最初から持っていたかというとそんなことはありません。私の家庭はそんな特別裕福というわけではありません。平均的な一般家庭レベルだと思います。
就職した時に持っていた金額は40万円ほどでした。

 

今回は私がどのようにして100万円以上の金額を貯めたかということを紹介します。100万円は大金のようですが、貯めるのは意外と簡単です。

 

 

Sponsored Link

 

 

1年は投資の勉強期間として、その間に100万円を貯めよう

まず、投資をするまでに1年もかけて100万円を貯めなきゃいけないのか・・と投資を断念される方もいるかもしれません。もしかしたらそんな方は投資を諦めて正解かもしれませんね。
なぜならば、たった1年という期間もかけずにいきなり投資を始めようとするのはかなりリスクが高いことだからです。

 

あなたは投資というものは配当金や株主優待という美味しい利益を生んでくれる一方で、リスクが潜んでいることを知っていますか?投資はもしかしたら大金を失う可能性があるものなのです。

 

そういったリスクに対し、どのように対応するかは自分で考えなくてはいけません。そもそも株とはどういうものかを勉強したり、どのようにリスクヘッジをするかを考えたりする時間として1年はちょうどいい期間です。
修行期間として働きながらこの1年を有効に使いましょう。

 

ただ、この1年を机上で勉強するだけというのはもったいない話です。実践も勉強した方がいいでしょう。経済ニュースが配信されるのを見て、こういうニュースが配信されると株価がどのように動くのかというのはやはりリアルな相場で勉強した方がいいでしょう。

 

おすすめはとにかく最初に安い株を買ってその株価の値動きを1年見てみることです。
メガネスーパーのような株であれば、6000〜7000円程度で購入することができます。
(関連記事:メガネスーパーは最強株主優待株!?,長期投資初心者に足りないのは失敗経験!さあ、メガネスーパーの株式を購入しましょう!)

 

※追記(2017/11/18)
2017年11月1日メガネスーパーはビジョナリーホールディングスの完全子会社となりました。

 

 

5〜6万円ほど資金を持っているのであれば、そこそこの優良株も購入できます。私も購入しているセブン銀行の株であれば、2017/06/06現在で42,000円程度で購入することができます。
(関連記事:セブン銀行は異質の収益モデルを築く金融株!!)

 

そういった株の値動きを勉強しながら、長期投資についてを1年間勉強するようにしましょう。

 

 

 

さて、それでは具体的に100万円を貯めていく方法を紹介いたします。

 

 

100万円を貯める方法

その1:ボーナスはすべて貯金に回す

まず、ボーナスはすべて貯金に回すようにしましょう。私の場合は初年度でのボーナスが60万円ほどありました。一般的な会社では40〜80万円ほどあるのではないでしょうか?それらはすべて投資用に貯金しましょう。
大抵の人はボーナスのようなお金は資産効果により気が強くなって美味しいものを食べたり、服を買ってしまったりと衝動買いをしてしまいます。
(関連記事:あなたが長期株式投資をすると日本の経済が回りだす!

 

間違ってもボーナスを当てにした借金なんてしてはいけません。

 

 

 

その2:固定費を減らす

固定費というのは月々の出費の中で大部分を占める費用です。例えば固定費を月々1万円抑えると、特に何かしなくても毎月1万円お金が入ってくると考えることもできます。
是非とも固定費の見直しは実践しましょう。

 

固定費を減らす1:家賃の安いところを選ぶ(年間12万円)

あなたが就職するタイミングだったり、更新月のタイミングだったりする場合は是非とも家賃の安い家を選んだ方がいいでしょう。家賃は最も大きい固定費です。
よく家賃は月収の1/3程度と言われていますが、それは高すぎです。せめて1/4、できれば1/5に抑えるのがいいでしょう。家賃を抑えれば月々1万円程度は減らせるはずです。つまり年間12万円ですね。
東京のような家賃が高いところが職場だとしても片道1時間〜1時間半の郊外を選べば安くなることでしょう。できるだけ始発が発車する駅が最寄り駅の場所を選ぶのがいいでしょう。そうすると座りやすくなって時間を有効活用できますからね。

 

遠くなったとしても交通費は会社が出してくれるはずなので、経費は増加しません。引っ越すとすると引越し費用はかかってしまいますが(-_-;)
私の場合は最初から固定費は低い場所にしようと思っていたので、引越し費用は特に問題ではありませんでした。

 

 

そんな家賃の低い家は選べない?生活レベルを下げたくない?でしたら家賃の高い家に住めばいいでしょう。お金がないうちからその程度を我慢できないようであれば、投資に必要な精神力を持っているはずないので、大人しく投資なんて考えずに給料をやりくりして生活するのがいいでしょう。

 

固定費を減らす2:車は持たない(年間30万円)

車を持っているようでしたら、今一度ほんとうに必要なのか考えてください。あなたの住んでいる場所は本当に車がないと生活できないような場所なのでしょうか?月に5〜6回車を利用しているだけで、別に電車やバスでなんとかなるのではないでしょうか?
田舎に住んでいるのであればともかく、都会に住んでいて車を必要とする人は殆どいないはずです。年間で考えると少なくとも30万円は払っているはずなので、ここを削ることができるとかなりお金が貯まるようになります。

 

固定費を減らす3:生命保険には入らない(年間12万円)

生命保険も大きい固定費です。月々1万円以上払っている人が多いですよね。しかし、保険は本当に必要でしょうか?確かにいざというときにお金をもらえるという意味ではいいのかもしれません。
では、あなたが加入している保険はガンには対応しているのですか?三大疾病にかかったら?もしガンになったらお金はいくら必要であなたはその保険でいくら貰うことができるのですか?

 

恐らくこういった質問に答えられる人はかなり少数なのではないでしょうか?あなたは使い方もわからない商品を購入しているのです。そんなものいい買い物とは言いません。
保険という商品はかなり複雑です。いざ本当にガンになったときに助けてくれないなんてこともあるでしょう。バカらしいと思いませんか?

 

それに保険というものは人の不安を煽って成り立つ産業です。不安を煽って稼いだお金を株式投資で運用して保険会社はさらなる利益を上げるという構造ですね。
(関連記事:個人年金保険や積立保険は無駄?そんなの辞めて株式投資をするべき

 

わざわざ他人のビジネスに乗り自分が損をして相手を儲けさせる必要はありません。
保険を払うくらいなら、万が一のために保険に払っているお金を自分で積み立てていった方がマシなのです。そしてそれを自分で運用しましょう。いざ、何かガンと言った病気になってしまった場合はその運用した資金をすべて現金に変え、治療費に当てればいいじゃないですか。
そのほうが仕組みとしてはどんなものに補償が聞いてどのくらい補填されるのかということが複雑な保険なんかよりよっぽどシンプルです。

 

また、病気になってから考えるよりも病気になる前に予防するという考え方もあります。その方が保険を払うよりもよっぽど健康的な生活を送れます。是非とも保険は見直してください。

 

もし月々1万円払っているとしたら年間12万円の金額が浮くことになります。

 

 

固定費を減らす4:通信費を見直す(年間5万円)

現在殆どの人がスマホだと思うのですが、キャリアはどこを利用しているのでしょうか?ドコモ?ソフトバンク?au?
大手3キャリアは固定費が高すぎます!格安SIM携帯に乗り換えるべきです。

 

それだけで月々の固定費が5千円近く安くなり、年間約5万円程度料金が安くなります。
(関連記事:スマホは格安SIM+格安スマホを利用しましょう!維持費(月々のスマホ料金)は今までの1/3になります!!

 

 

また、パソコンも利用しているのであれば、ネット回線を見直したり、スマホとパソコンの回線をモバイルWiFiなどで統一することでこれまた年間2〜3万円程度安くなる可能性があります。
(関連記事:格安ネット回線のNURO光を1年半使用した感想【レビュー】, パソコンとスマホ両方持っている人は通信費で損してない?【得する方法】

 

 

その3:100万円貯めるために月々いくら貯金するべきか逆算する

月々いくら貯めれば目標の100万円に達成するのか計算するとお金は俄然使いやすくなります。
あなたのボーナスが60万円としてそれを貯金すれば、残り40万円をなんとかすればいいわけですね。12ヶ月で割ると月々3万5千円をボーナスの他に貯めればいいわけです。
つまり、この3万5千円を貯金すれば残りは使ってもいいわけですね。

 

制限がないからあるお金を使ってしまうのです。なので、3万5千円は別の口座に移してしまいましょう。そうすれば使ってしまうこともないでしょう。

 

 

 

 

さいごに

私からするとなんでみんなお金が貯まらないのか不思議でなりません。私の場合はそんな無駄金は使わない主義なので、その3は別に考えず残ったお金を貯金するという方法を実践していました。それでも年間100万円は簡単に貯まりました。初年度のボーナスは低くて30万円程度だったのに100万円貯まったのですから、絶対に皆さんでもちゃんとお金を貯めようという意識を持てば貯めることができるはずです。

 

是非とも1年間かけて100万円を貯めつつ、その間は投資の勉強もするようにしましょう。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログはランキングサイトに登録しています。
役立つ情報があったと思ったらクリックお願いします。

 


株式長期投資 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 


FC2 ブログランキング

 

Sponsored Link

そもそも株式って何?

投資 ニュースを見ていると「今日の日経平均株価は・・」とか「株価急落」とか株に関する様々な情報が流れてきます。我々投資家が「株」と言っているものは正確には株式や証券、有価証券と呼ばれます(ここでは株や株式と呼ばせていただきます)。この株式とはそもそもなんなのでしょう?今回は投資の基本中の基本のお話です。会...

≫続きを読む

投資とはお金を貸しているのではなく会社を買う行為である(融資と投資による資金調達...

投資、融資 そもそも株式って何?では資金を調達する手段として、銀行から借りる融資と株式発行により調達する投資があるということを説明しました。私は経済を全然知らないまま社会人になってしまったために、「投資とは会社にお金を貸している」という勘違いをしていたのですがそんな方はいませんか?(私だけですかね?笑)融資と投...

≫続きを読む

長期株式投資をギャンブルと思っている人は株式会社で働くな!

ギャンブル 資産を預金として眠らせる人の多くは、株式投資というものは怖いギャンブルであると誤解しているのではないでしょうか?日本人が投資といったことを恐れ、さらに銀行預金が低いということからか、日本のタンス預金の額は78兆円にも上るそうです。(参考:ついに「タンス預金」が78兆円に!詐欺や空き巣に注意)まずひと...

≫続きを読む

あなたの預金はどんどん減っている?

空の財布 株式投資はギャンブルとはまた別モノだということは株式投資はギャンブルじゃないで述べました。しかしそれでも預金信者は以下のように考えているはずです。株というものは危険だ、リスクが高い。そんな危険を冒さず、ノーリスクの預金が結局は安全だ。しかし、預金がノーリスクだというのは全くの幻想です。数字のマジック...

≫続きを読む

投資に興味を持ったならとりあえず始めてみるべき

一歩 投資や副業に限らず、これからサラリーマンとしてではなく自分でお金を稼ごうとしている人たちへ言いたいことがあります。とにかくつべこべ言わずやってみて下さい!私は悩んでいる時間というのはとても勿体ないものだと思っています。結婚とかの今後の人生を左右するようなリスクの高いことで悩んでいるということであれば...

≫続きを読む

株で失敗すると多額の借金が残る?

空売り 株についての知識が全くない人は、株で失敗すると多額の借金が残り、家庭を壊すということを思っている方もいると思います。なんせ、私がそうでした笑しかし普通に投資をする分には、借金なんて事態にはなりません。今回は株で失敗すると多額の借金が残るという誤解を解こうと思います。なぜ株の失敗=借金というイメージが...

≫続きを読む

株式投資とはつまり所有権の売買

名刺交換 私は投資を始めたての頃、株式投資で払った金額というものは企業にお金を貸しているというように思っていました。今回は私と同じような人の為に、株式投資とはただ株の所有権を売買しているだけの話であるという話をしようと思います。上場した企業の株は自由に売買できるようになる事業主としては運営資金を集める為に株式...

≫続きを読む

日本は長期投資先として魅力がない?

日本 長期投資をする際、よく聞く批判として日本は投資先として魅力がないというものがあります。現在は少子高齢化も進行していて、日本は借金ばかりしているので、日本国民の一人当たりの借金は900万円弱にも上るなんて話は一度はニュース等で聞いたことがあるのではないでしょうか?そんな話を真に受けて、日本は財政破綻す...

≫続きを読む

不動産投資は株式投資より優れている?

マンション サラリーマンが投資を始めるというと、株式投資ではなく不動産投資を思い浮かべる方も多いと思います。結構不動産投資をやっている人も多いですし、かなり儲かったなんて話も良く聞きますし魅力的に映りますよね。私も最初投資をしようと思ったときは、投資を始めようと思っている方の入門書として有名なロバートキヨサキさ...

≫続きを読む

株は急落したものを買えば儲かる?

グラフ 私が株をやっているということを株の未経験者に話すと、彼らは決まって「株は急落したものを買えば儲かるんでしょ?」と聞いてきます。私はこの言葉を聞くと悲しくなります。やはりみんな株式投資を投機やギャンブルとしてとらえているのではないかと思ってしまうのです。急落した株がその後浮上しやすいのは確かです。株と...

≫続きを読む

ストレスが溜まる社会では給与以外の副収入を持て

給与 あなたは日ごろストレスを感じていますか?現代社会では働いても働いても給与が上がらず、仕事や人間関係ばかりがどんどん大変になってきました。そしてその仕事のストレスが増加するにつれ、うつ病といった病によって生活に支障をきたす人も増えてきています。ひどい人になるとストレスが原因で自殺してしまうなんて人もい...

≫続きを読む

自社株買いの株価が上がる仕組みとその罠

宝箱 株主への利益還元としてよく企業が実施する政策としては配当金を上昇するということと、自社株買い(自己株式の取得)があります。一般的には自社株買いを行うと株価が上昇します。しかし、なぜ上昇するのでしょうか?そもそも自社株買いとはどういうことなのでしょうか?今回は自社株買いについて書いていこうと思います。...

≫続きを読む

【金持ちだけが知ってる秘密】年収450万円以上の人は株式投資で稼ぐべき

百万円 皆さんは年収がどのくらいあるでしょうか?転職サイトによると、20代の平均年収は354万円、30代は467万円、40代で564万円のようです。(参考:DODA 年齢別平均年収2016)恐らくほとんどの人がたくさん給料が欲しいと思っているはずですが、どんどん給料を高くしていくというのも考えものです。何故...

≫続きを読む

投資資金100万円は1年で貯まる【100万貯まる考え方】

百万円 私は長期投資家です。私は長期投資をするには100万円を最低でも用意したいという考えを持っているということは別の記事で紹介しました。(関連記事:株式投資の資金はいくら準備するべき?)ただ、100万円という資金を私が最初から持っていたかというとそんなことはありません。私の家庭はそんな特別裕福というわけで...

≫続きを読む

投資必勝法が絶対に売られない理由

お金 倒れた男性 投資をしているとたくさんの投資必勝法というものを目にする機会があります。詳しい内容は投資必勝法を購入しないと手に入れることができません。大体数十万円で販売されていますが、「必勝法を知れば必勝法を購入した以上に儲けることができますよ」というのを謳い文句に販売しているわけですね。ただ、そういったものはほ...

≫続きを読む

ランダムウォーク理論を知れば投資信託のバカらしさが見えてくる

ビジネスマン, 人形 株は難しいものである運用のプロ(株の専門家)に任せれば高いパフォーマンスをあげられるこういった考えから、投資信託といった高い手数料をとるような金融商品を選択する人が数多くおります。確かにわざわざ難しそうな投資の勉強した上で、更に損をするようなことがあるくらいなら、多少の手数料を払ってでも、プロに資産...

≫続きを読む